昨日へ     2005年11月19日   明日へ

今日は、がっちり文書仕事です。一部(連れ合いぴよさんに)内緒の仕事もあり、部屋にこもって、あれこれあれこれです。そろそろ寒いので、寝袋を出して、下半身は寝袋の中です。...もっとも、「寝袋を出して」という言い方は、正確ではないですな。ごちゃごちゃしている僕の納戸部屋には、それはそれはいろんなものが散乱していて、ちょっと前の冬に使った寝袋も、手を伸ばすところにあったりするのです。ともかく、冬です。

しかしながら、この仕事に満ちた日々はどうしたものでしょう! 学校仕事じやない仕事が、あちこちから僕を包囲しています。

中学校で働いたことがないので分からないのですが、中学校の先生方は、どんなふうに宿題を出しているんでしょう? 小学校で働いている僕は、今日は算数ね...という具合に、その子が困らない程度という設定をします。ところが、中学校では教科担任じゃないですか。国語の先生も、社会の先生も、みーんなが、それぞれに宿題を出してしまったら、終了不可能になってしまったりしないのでしょうか? それとも、相互に連絡を取っているのでしょうか? というのも、僕の仕事は、別ジャンルのいろんなところから来るものだからです。と言っても、あちこちで「いいよ」と言ってしまう僕が、僕を苦しめているんですけどね。

ここのところ、夢ばかり見る夜です。眠りが浅く、疲れが取れません。ギアをニュートラルに入れることなく、ずっとクラッチを切って「休んで」いる感覚。こりゃあ、少しまずいです。

そういえば、昨夜、文書仕事を酒気帯で頑張っていて、ふと思い立って、またまた髪の毛をやってしまいました。今回は、すきばさみで、ばはっと幅をきかす髪をおとなしくさせてしまいました。かるーくなった!...けど、僕のトレードマークでもあるちょんまげが、難しいかもしれない...という、ある種の危機ではあったりするのです。

写真は、先日の母さんの個展会場で撮ってもらった1枚です。この作品は、僕はあまり好きではないんだけどね。

昨日へ        明日へ

はじめのページ