昨日へ     2005年12月31日   明日へ

今日も、家にいます。ギターたちの音を出して上げます。

今夜、連れ合いぴよさんは石垣島から帰ってきます。だから、少しそわそわです。昼に、車を出して、三本木のたがやさんまで買い物に行きました。おせちというほどではありませんが、何か料理を作りましょう。その食材を買いに行ったんです。

大根・人参は、なます用。ごぼうは、きんぴらです。高いけど、レタスを買いました。煮物用に、ちくわも買いました。ネギ好きの僕は、ネギを忘れません。お正月なので、セリを買います。昆布巻きを作ろう!と、珍しい身欠きにしんをカゴに入れます。鶏を少し、そして鳥がらがあったので、これも購入。お魚を何か買おうかと思いましたが、いつも買おうか迷って買わないわさび漬けを買って、おしまい。

家に戻って、鳥がらスープを作ります。ことことと火に掛けます。アクを取ります。並行して、大根なますを作ります。細く切るのが、好きな僕です。なますを大きいタッパに入れて、次はきんぴらごぼう。人参多め。硬いほうが好きなので、ごま油で、からっと炒ります。これは、蓋付きの器に入れます。どれどれスープは、どんな具合かな? アクもしばらくがんばると出なくなります。人参の食べない部分を、スープにぽいぽい入れます。そしてまた、アクを取るんです。しばらくしてから、保温鍋に入れて、さて年賀状を進めましょう。

iBookが退院してきたのはいいけれど、何だか調子に不安あり。いっそということで、OSなどインストールのし直しをします。こういう仕事がゆっくりできる時間が、とてもとても贅沢です。

夕方になり、煮物も作ることにしました。大根、人参、ごぼうを大きめに切ります。大根は、別扱いで茹でます。冷蔵庫にあった、ワラビを出します。豆腐とぶつ切りネギは、スタンバイだけ。食べる直前に入れましょう。あるはずの早煮え昆布が見当たらず、昆布巻きはまた今度。身欠きにしんも、煮物に入れました。そんでもって、ぐつぐつ。ついでに、年越しそば用に、昆布と鰹とちょっぴり煮干しで、出汁を取ります。出汁を取るときのカツオって、なんかもったいないのですが、食べずにさようなら。鳥がらとは対照的な、上品な出汁になりました。

日が暮れて、予定より早く到着することになったぴよさんを迎えに、車で駅に行きます。駅前に駐車しながら、南側の線路のほうが光るたびに「おっ、来たかな?」「おっ、来たかな?」と見ていました。...はい、おかえり。長野の生そばで、年越しです。2005年最後の夜は、ゆっくりとふけていきました。

写真は、4/24・松山町の桜です。

昨日へ        明日へ

はじめのページ