昨日へ     2006年01月22日   明日へ

今日耐震偽装問題のヒューザー社長の証人尋問をテレビで見ました。

証言拒否を繰り返す社長。僕は、とても静かに眺めていました。安さを追求するのは市場原理なんです。他の会社に敗けないように努力するとは、ときに「ズル」をすることになるのでしょう。儲けること第一で会社運営をしていたとするなら、それは到底許されません。けれども、社長を責める議員たちの怒号・テレビ番組の流暢なコメンテーターを眺めながら、僕はみんな一緒じゃん!と感じました。どんなことを質問されても「適正にやっていきます」と応える小泉首相も、証言拒否とあんまり変わらないのではないでしょうか。

解答がすぐ欲しくて苛立つ議員たち。証言拒否は、社長の権利です。自らの安全のための権利です。いくら国会で「私が悪いです、かくかくしかじか」と言っても、それは自白の強要になりそうです。議員は、こつこつと事実を積み上げていく取り組みを、頑張るといいんだろうな。社長が、怒号に呑まれて、何か自白したら、議員は「楽」かもしれないけれど、それはあまりにコンビニエンスです。議員たちが、自分が都合悪いときに、わざわざ理解しにくい言い草をすることを思えば「言えません」とは、なんと分かりやすいことでしょう。

証人尋問と言えば、ロッキード事件のことが思い出されます。田中角栄が逮捕されたときのことです。あれは誰だっただろう、署名するペンを持つ腕がぶるぶる震えていて、テレビで見て驚きました。ああ「記憶にございません」というのは学校で流行りましたねぇ。...今、議員への尋問はテレビで報道されません。あれは、おかしいよなぁ。他の人は映していて、なぜ議員だけが「プライバシー」を保護されるのだろう。そんなことを思いました。

ところで、昨日仙台から帰る電車の中、靴がとてもきつかったんです。疲れたかな? 浮腫んだかな? と思っていたら、ありゃりゃ〜、想定外の太っちょ状態でした。年末年始の引きこもりから始まる、運動不足の賜物でしょう。さっすがに「かなりヤバイ」という感じ。時間がひょいとある今日、松山町を散歩することにしました。iPodでくるりとWhat's Love?を聴きながら、雪のコスモス園に登り、そのまま本丸跡を行き、ぐるりと回って、二時間ほどの散歩でした。いつも聞こえる牛の鳴き声。初めて、牛舎に行ってみて、思いの外いっぱいの牛くんに驚きました。散歩して500g体重が減りました。1時間半、本読みながらお風呂に入って、1kg体重が減りました。でも、サッポロ黒ラベル633cc飲んじゃだめだよなー。

写真は、今日の散歩中の1枚です。

昨日へ        明日へ

はじめのページ