昨日へ     2006年07月09日   明日へ

教職員評価制度についての文書書きをします。こんな感じです。

いじめるのも、いじめられるのも、嫌です。差別制度は、いりません。

私は、いじめるのもいじめられるのも、嫌です。だから、教職員評価制度を何とかしたいのです。今、学校には、北風ではなく太陽こそが、必要。人の痛みを痛みと感じられることが、大事。求められるのは監視や管理や罰則や分厚い門ではないんです。大らかに心を開ける、安心感。失敗してもやり直せる、仲間との信頼関係。

私はこれからも、教員として子どもたちと汗かきながら、笑い合いながら、楽しく仕事をしていきたいです。

あなたの教職員評価制度に対する「声」をぜひ届けてくださいね(こちらへのメールで承ります)。

写真は、一昨日の夕方の空です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く