昨日へ     2006年09月07日   明日へ

遠足です。

天気は雨ですが、なんのそのです。初めに出発する3・4年生に手を振ります。1年生はみんな、行く気満々。それが姿に現れていて、すごく可愛い!

バスに乗って、精華堂古川山荘というあられ工場に向かいます。窓から見える風景一つひとつに感動するみんな。ああ、遠足だね!

あられ工場に着き、ご挨拶をして、工場見学をさせてもらいます。説明を聴きます。そうか、煎餅はうるち米も入っているけど、あられはもち米100%なんだね。思っていたよりも、ずっと手作りで驚きでした。

さあ、実際に工場を見学させてもらいます。2階の窓から、階下の工場の様子を見せてもらいました。みんな「わー!」です。いっぱいいろんな感想出まくり。ここに簡単に書けそうにはありません。みんなの見学の仕方がよかったからなのかもしれませんが、「こっちも見てごらん」と小さな部屋を見せてもらいました。そして、お餅を乾燥する部屋も見せてもらいました。みんな「わー!」です。そしてまたいろいろ細かい発見をしているんだよなー。工場の方が「ここは見るだけだよ」とわざわざ部屋のドアを開けてのぞかせてくれました。なーるほど、あられを海苔に包んだりする部屋なんですね。見るだけと言っていたのに、みんなが入っていって驚いたら、工場の方が入っていいって言ったんですね。僕も入りました。海苔好きの僕にはたまりません! 醤油&海苔の部屋。ここでも手作業であることに見入りました。なるほど!

1時間ほど見学させてもらい、最初にお話を聞いた部屋に戻りました。質問をし、答えてもらい、そしてあられをいただきました。みんな「んまい!」「おいしい!」「もってかえりたい!」でした。

精華堂古川山荘さん、いっぱい見学させていただきありがとうございました! おみやげまでもらって、みんなルンルン! バスに乗り、手を振り、パレット大崎に向かいます。

パレット大崎では、プラネタリウムを見ることになっていました。他の小学校と一緒。おじゃる丸の番組です。暗くなって「わー!」、星座が見えると、いろいろと知っていることを話したい人が話します。ふむふむ。流れ星が流れると、「おかすねもちになりますように」というつぶやき(とはいうものの大きな声)があちこちから聞こえます。僕は、ふふふっと笑います。僕が初めてプラネタリウムを見たのは、いつだっただろう。そのときは、どんなことを感じたんだろう? 自分の子どもをプラネタリウムに連れて来たいと、すっごく思いましたが、隣に可愛い1年生が座っていることを何より「幸せ」と感じるべきだと自分に言い聞かせました。

おじゃる丸ワールドを堪能したプラプラプラムを終え、お弁当です。雨天用に部屋も確保していましたが、とりあえず曇り空だったので、中庭でお弁当を広げました。遠足のメインは、なんてったってお弁当! みんなほんわかの「幸せ」の蓋を開けていましたよ。

おやつタイムにさしかかるところで、雨が降ってきました。屋内に入り、そしてバスで、今度は古川駅です。特別切符をもらって、新幹線ホームに行き、新幹線の通過を見ました。あらためて、すごい!って感じですね。質問をし、答えてもらって、今度は陸羽東線の切符を一人ひとり買います。これもなかなかドキドキですな。陸羽東線のホームに行き、写真を撮り、そして鳴子行のジーゼルカーに乗り込みました。初めてのワクワク。ああ、僕が初めて夕張線のキハ22に乗ったのは、いつなんだろうな。

いつもとは違う風景を眺めつつ、疲れている子のまぶたがかなり重いようです。西古川で降りました。発車する鳴子行にみんなで手を振りました。乗客の皆さんが手を振り返してくれて、とってもうれしかったです。

バスに乗って、学校に帰り、さようなら! いつもとは違う時間だったね。ああ、いい経験。みんなで一緒だから、いろんな発見ができたね! 

写真は、お昼ご飯を食べる前に撮ったものです。場所は、パレット大崎です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く