昨日へ     2007年02月12日   明日へ

別府で目を覚ましました。

ゲストハウスのリビングで、紅茶とパンで朝食をとりました。チェックアウトする前に、近くにある「不老泉」に朝湯です。公民館の一階にある公衆浴場は、まるで遠刈田センターの湯です。広い温泉でした。湯気が朝日に輝いていて、地元のみなさんの元気な会話がよかったなー。お風呂では、みんな裸。気持ちも裸でいられるといいな。よい温泉でした。

別府の駅前市場を覗きました。おかず屋さんが、すごかったな。のりまきを買いました。駅ビルで、おみやげを買おうかとうろうろ。ぬいぐるみやさんで、連れ合いぴよさんがひっかかっています。買おうか買うまいか...です。いろいろかわいいのがいたのですが、猫と羊が一緒に東北に来てくれることになりました。以後よろしくですなっ。

ゲストハウスをチェックアウト。今度もまた利用したいと思いましたよ。別府から白いソニックで博多へ。博多ラーメンを、駅ビルで食べました。まあ、一応お決まりという奴ですな。

福岡空港からの出発は、第一ターミナルですが、第三ターミナルのお土産屋さんにいつものように行きます。こっちのほうが新しいのでいろいろあるんです。そこで、アフリカ物産屋さんみたいなところを発見し、僕は足を止めてしまいました。

いい感じのカリンバがあるんです。共鳴箱がついていて、幅広い奴です。僕の親指と出会うのは今日が初めてってわけじゃないだろ?ってしっくり感です。ふと見ると、木琴もあるじゃないですか。ヘチマの共鳴が付いたパラフォンです。こりゃあ、いい! 木の音がする。どこかで聴いた懐かしいアフリカの音だ! しばし迷っていました。どちらにしようか? そして何より持って帰れるものだろうか? 

気持ちよく音を出していたら、ぴよさん登場。いい音していたと思ったらやってたの?とのこと。ああ、店の外にも響くんだあ。他のお客さんも聴いていてくれました。店員さんが「大きいのもあるんですよ」と奥から、大きなパラフォンを持ってきてくれました。一つ叩いて、心では決めました。こりゃあいい! 後ろで聴いていたお客さんも「こっちのほうがいい音だわね」と後押ししてくれるじゃないですか。でも、どうやって持っていくか? 結局、宅配便で送ってもらうことにしました。ぴよさんが、プレゼントしてくれました。ありがとう! ...じゃあついでにカリンバも頼むんだったかなー。

飛行機はすぐに仙台に降り立ち、いつもの風景を見ているうちに、僕たちは家に着いていました。ああよい旅だった。

写真は、昨日の別府の砂湯です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く