昨日へ     2007年02月14日   明日へ

今日は、バレンタインデーなので、そこそこにあちこちであれこれありました。プレゼントっていいよね。

さて、紙版画の刷りです。インクは、青と緑と茶です。紙は、普通のコピー用紙(B4)です。版画のいいところは、何枚もできるということです。ローラーに他の色が着くと濁るので、一版一色。何版か作っていた人は、いろいろ試していました。インクをたっぷりは出さずに、補充しながらの刷りだったので、版の紙が剥がれることもありませんでした。刷っていると、もっといろいろやりたくなれますね。新たな版を作ってもいいよと言ったら、いろいろみんなやり出します。作るほどじゃないという子に飽きが見られたので、刷る方の紙に色紙を貼ることをアドバイスしました。小さい正方形の色紙です。これがなかなかいいアクセントになるんですね。同じインクで一つの版で、ちょっと退屈だった子も、いろんな色の色紙を貼って、バリエーションを楽しみました。多い子は、20枚以上刷りました。少ない子でも、10枚は刷っているはずです。今日持ち帰りたいという声もありましたが、版画インクは乾き難いので、もう少し待ってねということにしました。

版画インクで汚れないように、刷る場所を低くしたり、新聞紙でカバーしたものの、ありゃまーって汚しちゃった子もいました。どうしようか迷いましたが、いっそのことだ!と家庭科室の洗濯機を回すことにしました。教室のストーブの前に置いたら、きっと乾くと思ったのです。家庭科室に見に来た子たちは、二層式の洗濯機が珍しいようでした。ホースが見えているので、水が流れていく様子も見えます。ふむふむ、これも勉強ね。

毎日いろんなことがあるということ。きっと忘れてしまうこともあるのでしょうが、毎日いろんなことがあるということ、それはきっと世界が広がるということ。出来事一つひとつを記憶しなくても、記録しなくてもいいんです。...僕は、こんなふうに書いているけどね。

写真は、版画刷りでの1シーンです。

昨日へ       明日へ

はじめのページを新しく開く