昨日へ     2007年02月16日   明日へ

今日は、縦割り縄跳び大会の日です。

運動委員会が進めます。まずは、短縄です。30秒間に何回跳べるかを、数え合います。記録カードに数えた人が書き込みます。前跳びと後ろ跳び。交叉跳びとあや跳びはセレクトで20秒間。その後で、よかったところなどを言葉で書き合います。体育館でしているので、床の上にうつ伏せになって書いたりするのですが、なかなか良い感じなのです。お互いのお手紙みたいな感じ。もらって嬉しいもの。温かで、とても幸せな感じだな。

休み時間を取ります。体育館なので、おんぶし合ったりして、これも良い感じ。嬉しくなる感じ。スキンシップって、何も人間関係のないところですると、ときどき犯罪だったり、暴力だったりします。でもね、心が通い合う中だと、いいだなっ。自分がここにいるということ、自分を大切にしてくれる人・場所がここにあると実感する瞬間なのです。僕もまたみんなに感謝をするのでした。

長縄跳びをします。これまで、朝の縦割りの時間に、長縄の練習をし、3分間で何回跳べるかをカウントしてきました。今日は本番なので2回します。みんな、これまた良い感じなんだな。何の苦もなく跳んでいる人も、小さい頃はドキドキしたんだよなー。今縄の回る様子に見入りながら、何とか跳んでいる人も、きっと数年後には小さい子の背中を軽くぽんと押したりするんでしょうね。

これまで、黒板に回数を書いてきました。そして今日も書きましたよ。1月17日、1月24日、2月14日、そして今日。六つの班の記録は、今日の2回分も含むとこんな感じでしたよ。49-57-51-98-123。40-55-51-86-89。38-100-84-116-127。38-100-84-116-127。20-61-85-90-116。23-75-83-80-102。22-28-79-122-90。回数だけでは語り切れないドラマがありました。でも、1回目に49回の記録に「すごい!」って言っていたのに、練習を重ねると100回でも驚かなくなるんですよね。驚かないっていうのは、喜ばないんじゃないんですよ。すごく嬉しい。頑張った実感は目に見えてあるんです。ああ、みんなの協力の賜物だ! 長縄跳びも、独りじゃできないからねー。

みんなの縄跳びに...というよりも...みんなの繋がり合いに、今日も感動しました。ああ良い1日だったよ。ありがとうです。

写真は、縄跳び大会の休み時間での一コマ。おんぶしている人は、かつておんぶしてもらっていた人。ということは、おんぶされている一年生は、いつかおんぶするんだろうなぁ。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く