昨日へ     2007年03月16日   明日へ

卒業式予行練習がありました。

みんないい感じです。僕は、入退場&証書授与のときの音楽担当で、ステージ横の放送室にいる時間が長いです。今年の卒業生入場はステージへの登場なので、入場直前の6年生と一緒にいられるのは、嬉しいです。でも、証書授与前の、おうちの方へ語りかける言葉が聞こえないんです。それが、とても残念だな。「別れの言葉」では、卒業生・在校生だけでなく、職員にも「セリフ」があります。これは、初めてのことですね。そして、いつもの歌もあります。僕は、放送室を出て、卒業生に1番近いところでみんなを見つめ、そして歌います。

予行を終えたら、体育館の入り口のところに、中学校を卒業したみんなが9人も来ていて、びっくり! さっそく1年生に紹介して、一緒に遊んでもらいました。本当は4時間目にやりたいことがあったのですが、お客さんが来ているんですもの、一緒に過ごさないわけはないですね。お客さんが来てうれしいもんだから、「としょしついって、いすもってくる」と走っていく人もいました。すると「あたしもいく」って、みんなダッシュです。持ってきてもらった椅子に(4月からの)高校生が座り、僕から一人ひとりを紹介しました。

3つのグループに分かれて、いろはかるたをやりました。みんなしてうはうは興奮状態でした。次に、大根抜きです。小学1年生が円を作り、腕を組んで、床にごろり。まわりを取り囲む(4月からの)高校生に、あっという間に抜かれて、わっはっはー! そこで僕は軽く言います「んじゃ、交替ね」 (4月からの)高校生は「えーーー!」 1年生は「わぁーい!」 なんだかんだ言って、ちゃんと腕を組んで楽しむ(4月からの)高校生は、いい感じだわさ。7歳のみんなが力を合わせて「うんとこしょどっこいしょ」「それでも、(4月からの)高校生は抜けません」ってな感じ。抜けないんだけど、1年生は高校生にいっぱい抱きついたりこちょこちょしたり、それはそれはすごかったね。その次は、さらばたしです。わたらべうたを楽しみました。そんなことしているうちに、時間です。みんなで記念写真を撮りました。1年生のみんなはだっこしてもらい肩車をしてもらい、大満足。(4月からの)高校生も、楽しそうでよかったよかった。みんなで玄関まで送っていきました。「またきてねーー!」の言葉に嘘はありません。ああ、みんな来てくれてありがとうね。そして、絶対にまた来てください。

夕方近くになって、(4月からの)高校生が2人来てくれました。2人とも大人になりました。立派になりました。感動だったな。校長先生といろいろ話していきました。

ああ、今日も充実。しかしながら、やるべき仕事が進んでいないことに少し焦っています。

写真は、中学校の卒業生と1年生です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く