昨日へ     2007年04月19日   明日へ

校庭の砂湯で穴を掘っていた3年生。みんなで興奮して走ってくるから、何かと思ったら「砂の中にでっかいカエルがいた!」とのこと。砂だらけのトウキョウダルマガエルは、まだ寒そうでした。ひっくり返すと、ぐえーって鳴いていて、みんなそれが嬉しいから、つっつくんですが、まだ寒いんだよね。戻したほうがいいんじゃない?って言ったら、3年生は張り切って、また深ーいところに埋めちゃったんですけど、カエルくん、これでよかったのでしょうか。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く