昨日へ     2007年05月20日   明日へ

昼前の電車で仙台に向かいます。

まずは、仙台市市民活動サポートセンターに向かいました。河原井純子さんと語り合う会の1号ちらしを印刷しました。山田真さん講演会に参加する連れ合いぴよさんにちらしを持っていってもらいました。

僕は、青葉祭りの人混みの中、ダイエーに行きました。今日の別姓相談室は、調理室を借りたので、お好み焼きを作ろうと思ったからです。ダイエーを利用するなんて、何年ぶりでしょう。いや、10年以上ぶりかもしれません。だから、地下が2階まであることが驚きでした。昔からこうだったかなー。

食材を手にエルパーク仙台に走りました。調理室(食のアトリエ)の鍵を事務室に借りに行ったら「もうどなたか来ていましたよ」とのこと。前回は、相談なしだったので、おおっと嬉しい気持ち。調理室を開けて、用意していたら、さっそく相談の方。お好み焼きを作らず、まずはお話を聴きます。飲み物を飲みながら、聴いて、話します。やっぱり「聴く」というのが大切ですね。僕もよくよくあるんです、誰も僕の気持ちを理解してくれないかもしれない...ということです。そう思い続けるのは、とても辛いです。そして「理解してくれないのだ」と決めつけてしまうと、心も閉じてしまうので、前向きに展開しなくなってしまいます。だから、誰かが聴いてくれるよ...というそんな予感って大切で、実際に「相談室」があり続けることはきっと意味のあること。しばらくして、もう一方、いらっしゃいました。初対面のお二人で話しができると、またまた広がったって感じ。ああ、よかった。

別姓相談室を終えたら山田さん講演会のあった戦災復興記念館に行き、河原井純子さんの会の会議をする予定でいました。でも、もう少し別姓のお話をしていたほうがいい...。結局、戦災復興記念館からぴよさんに戻ってもらい、僕が今度は戦災復興記念館に。別姓相談室の終わりがばたばたしてすみませんでした。また、ぴよさん走ってきてくれて、ありがとうね。

河原井さんの会の準備を相談しました。少しずつできていくって感じ。もっともっと広がる必要あるけどね。戦災復興記念館からまたエルパーク仙台に戻り、ぴよさんといつもの中華料理屋さんで食事して、介護に向かったのでした。

写真は、今日の仙台での一枚。お稲荷さんの前で、猫が考え事をしていました。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く