昨日へ     2007年05月29日   明日へ

自由民主党(伊吹派)の松岡利勝農林水産大臣が自殺しました。

事務所の光熱費について「適切に処理している」と答弁し続けて、そして結局、自殺です。僕は、自殺が怖いんです。そして、そうしてしまった人が、とても痛ましい。人は、いつか死ぬけれど、生きるために生きていたい。死にたい人がいたら、そんな希望を叶えるよりも、その人が生き続けるための小さな力にはなりたい。だから、よく知らないし、問題ある言動を繰り返した人でも、やっぱり死んで欲しくなかったです。

それにしても、なぜ大臣が自ら命を絶たなければならなかったのでしょうか。隣席の同じ派閥の文部科学大臣は、全国の子どもに「命を大切に」と大量の紙を配布していたのに。隣席の別の大臣は「再チャレンジ」と息巻いていたのに。隣席の総理大臣は「美しい国を」と繰り返しているのに。

「お国のための死」ということなのでしょうか。すなわち、これが「美しい」ことなのでしょうか。大臣というたかだか一つの仕事を、辞めることも、休むことも、できなかったのだとすると政府の言う「再チャレンジ」とは、権利ではなく、義務なのかもしれません。

常に毎日、まさに死ぬまで、チャレンジしなさい。挑み続けなさい...死ぬまで。休むこと、自分で生き方を選ぶことはできないとするなら、人は生きるのではなく、生かされることになってしまいます。

松岡利勝さんという、僕がよくしらない人が、自ら命を絶ったことに胸を痛めつつ、ご冥福を祈ります。そして、誰もが殺さない・殺されない日常を、システムによってではなく(というか、システムには無理なんだけど)、人に取り戻す小さな努力を怠らないでいたいと決意する今日でした。

写真は、22日の北浦の夕焼けです。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く