昨日へ     2007年07月21日   明日へ

今日は、結婚式です。

僕が教員になって3年目・4年目と白石の小学校で担任したMちゃんの結婚式。今朝になって慌てて編集した小さいときの写真とギターケースを手に、大河原へと向かいます。電車は仙台で乗り換えることなく、そのまま福島行。ラッキーです。

大河原で降り、かつてあった、教え子(Тくん)結婚式のときと同様に、駅前の小さなそば屋さんでそばをお腹に入れて、タクシーで金ケ瀬の結婚式場へゴー。結婚式場で、ご祝儀渡しつつ受け付けして、披露宴の名簿を受け取りました。ん〜、知っている人はどうやらだーれもいないようです。ひょっとしたら、教え子の誰かがいるかな?と思っていたので、残念。若い人がたくさんいる中、静かに座っていました。

1時間くらいして、結婚式です。教会です。僕は、Mちゃんのお母さんに挨拶して、前から2番目の席に座りました。若者が多く、とてもにぎやか。しばらくして、おっ!新郎新婦の入場です。あらー! 大人になったねー! でもね、ちゃーんと面影あるって言うか、そのままきれいになったねっ!って感じ。雰囲気も変わっていないんだな。ああ、感動しました。そうそう、彼もMちゃんにまさにぴったりな、いい感じなのだな! ご招待してくれて、感謝感謝なのでした。

結婚式が終わって、Mちゃんのおばあちゃんが声を掛けてくださいました。「昨日も先生の絵を見ていたんですよ」 ああ! 僕はかつて担任した子の似顔絵を描いてプレゼントしていたんですね。「うちには2枚もあるんです」 ああ! 感謝感謝です。15年前の僕が、どこかでふふふっと笑っていたかもしれません。

またしばし時間があり、今度は披露宴。ステージから入場の新郎新婦。僕はカメラを持って、ぐっと近くで待ちます。ああほんと、2人ともいい感じだー。Mちゃんは、あいかわらず(といっても15年ぶりに会ったのですが)余裕があり、入場しながら振り返って「先生、ありがとうね」って言えるくらいでした。嬉しかったよ、ありがとうね。

Mちゃんの上司に当たる方とテーブルが一緒。スピーチの後で、お疲れさまですって話し掛けて、あーらやっぱり、どこかで存じ上げたと思いましたよ...、前の前の学校の保護者の方でした、担任はしなかったんですけど、分かりましたよ。懐かしい! しばらくして、前の前の学校で担任した子のお姉さんも発見。名簿を見たとき(あれっ?)と思ったんです。話し掛けてくれて、ありがとうね。そうか、弟さんも大人なんだねー。「担任していなかったのに、覚えてくれていて、嬉しい」って言ってくれて嬉しいです。白石と比べて、前の前の学校は大きくなかったから、結構分かるんです。そしてなんてったって、彼のお姉ちゃんだしね。

余興ということで、僕が歌うことになっていました。いざ!です。今回もギターはGibsonです。なんつーか、このギターはいつも結婚式でばかり登場していますなー。学校や旅・ストリートじゃ、Seagullばかりだからねー。ステージ裏に入り、椅子に座り、マイクスタンドに一応歌詞カードをセロテープでねっぱして、OKです。緞帳が上がります。まずは、ちょい話させてもらいました。僕がMちゃんの小学校3・4年生のときの担任だったこと。Mちゃんは、でっかい目をきょろきょろさせて、おもしろいことを見つけるのがうまい子だったこと。けんかは強かったこと。今も、変わっていなさそうで、とても頼もしいこと。二人はなかなか似合いということ、などなど。そして歌は、レゲエのPANGさんの「晴れ」。んー、モニターがこっち側になくて、どのくらい響いているか、よく分からなかったんです。それがちょっと残念。もっとのりのり系のほうがよかったかのーと、振り返っているところです。でも、心込めましたよ。ほっとしたな。

席に戻ったら、Mちゃんと同級だったAちゃんが話し掛けてきてくれて、びっくり! 名簿に名前があったらすぐに分かったな。言われれば分かるけど、仙台市街ですれ違うくらいじゃ分かんないなぁ、きっと。にーっとはにかむ笑顔は、変わらないね。お母さんとも話しました。「先生、あの頃すごく痩せてたのに、太りましたねー!」って言われちゃいました。そうです! 10kg近く増えてます! 会えて嬉しい!って言われると、僕もとてもとても嬉しくなります。「先生に会うと、楽しい気持ちになるよ」っていう言葉に感動。ありがとうね。

新郎新婦のお手紙・挨拶で、披露宴はお開きでした。なんか、感動したー。泣いたー。お幸せにー! 

お開きになってから、かわいい女の子(と言っても大人ですよ)が声を掛けてくれました。「先生、覚えてますか?」って、わくわく笑顔で声を掛けてくれたんです。名前を聞いて、なんとなく記憶ありながら、何かエピソードを話せるとよかったのに、ごめんなさい、ぱっと出てこなかったんです。「先生には、○○ちゃんって呼ばれていたんです」って、残念そうにしていたかわいい女の子。勇気出して話し掛けてくれたのに、ごめんなさい。今度会うときまで、ちゃんとエピソードを見つけておきますからね。

会場を出て、新郎新婦にご挨拶。ありがとう! お母さん、よい式でしたね。Mちゃんと弟さんいてよかったね。誘ってくれたけど、二次会は遠慮しました。若者で盛り上がってください。ああ、感動した! 二人の幸せは、二人だけのものじゃなくて、みんなにみんなに広がるね。おめでとう。そして、ありがとう。

写真は、2度目のお色直しのための退場の一枚。新婦と弟さん。弟さんもいい感じの青年になっていて、感動で涙涙だったんです。新婦は、朗らかに笑っていて、これもまたいい感じ。ああ、感動だったねー。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く