昨日へ     2007年08月15日   明日へ

今日は、8月15日。支配していた立場からすれば「敗戦記念日」。支配されていた立場からすれば「解放の日」。僕は、そのときまだ生まれていませんでしたが「日本人」として産まれたので、「支配していた立場」につながる責任があります。産まれたときからのこと。僕が決めたことじゃないけれど、受け入れることを拒否するほど「恥」を知らないわけじゃない。だから、敗戦記念日。僕の遠くない先祖たちのしてしまったことを反省し、同じ過ちを繰り返さないよう、心に誓う日なんです。

反省した「日本人」は、ずっと平和であることを心から願うんです。みんなで助け合い平和にしてくことを信じ続けるんです。すべての人が、平和を愛していることを信じます。そして、すべての人の安全と命を守り続けることを、誓うんです。

反省した「日本人」は、平和を追い求めます。誰かが威張っていたり、誰かを奴隷のように従わせたり、命令したり命令されたり、差別したりいじめたり。そんなの誰も望みません。平和のために、反省した「日本人」は、胸張って暮らしていくんです。みんな、びくびくぎすぎすしない暮らしをするんです。ちゃんとおいしくご飯を食べていくんです。みんな、その権利があるんです。

反省した「日本人」は、自分のことだけを考えたりしません。みんなと共に話しあい、よい方向を見つけていくんです。誰が威張ってたり、誰かを見下したり、しないんです。

そんな誓いを、新たにする今日なんです。反省して作った日本国憲法前文を読むと、僕が今言っているようなことが書いてあるはずです。

朝、教職員評価制度についてのちらしの原稿をMacで作り、電車で仙台へ向かいます。仙台市市民活動サポートセンターセンターで、ちらしを印刷します。今日は、一種類だから、すぐです。そしてエルパーク仙台へ。今日は「第26回8.15戦争を阻止する母親たちの平和行進」があるんです。開場前に行き、ちらし配布の準備をしました。お久しぶりの方もいました。平和行進に先立つ講演会のテーマは「憲法改悪反対の取り組み〜改憲手続法成立をうけて〜」。講師は、泉山禎治さん。元仙台地方裁判所所長の弁護士さんです。僕は、一番前で聴きました。そのとき、あれこれメモしたものの一部は、こんな感じ。
・35年前。裁判官再任問題。10年毎の再任。ミヤモト判事補が再任用されず。同期のスズキさんが抗議の辞職。
・泉山さんは、改憲されるようなことがあったら辞職しようと思っていた。
・日米開戦は、ラジオで明確に覚えている6歳。
・戦中の食料難よりも、戦後が大変だった。配給の遅配。
・大豆の搾りかす。瓦のように固い。
・戦争で亡くならなかった兄の「負い目」。数年前まで、戦争のことは一切話さなかった。
・軍人の異動は、機密。
・日本国憲法の改正手続に関する法律案に対する付帯決議(2007.5.11.)18項目

今は弁護士ですが元々裁判官だった方が、平和行進の前の講演会で平和を語るということだけで、すごく意味があると思っていました。感想としては、戦争体験者のお話は、もっといっぱい聴かなくちゃいけないなということ。そして、それを伝えていかなくてはいけないぞということ。生でなけれ伝わらないことって、あるんですよね。法曹界のことよりも、泉山さんという「一個人」としてのお話を、もう少し聴きたかったですよ。

さて、平和行進。マスコミが多め。これは、きっと8.15に関わる集まりが多くなかったからだろうと感じました。今日、いつものジャンベ(アフリカ太鼓)を持ってくるか、ちょっと迷ったんです。結局、主催者の方々に迷惑だったら悪いかなーと思って、持ってこなかったんです。ある若い女性に「今日は、太鼓ないんですか?」と言われ、きまり悪く返答していましたが、やっぱり持ってくるべきでしたね。手持無沙汰で、ペットボトルを叩いたりしました。

平和行進の後、ギター屋さんとCD屋さんをパトロール。PHSのウィルコム。そのサポートセンターに行きました。僕のPHS歴は実のところほどほど長いのです。それは、外出先でiBookでメールの送受信をするため。音声でのすなわち電話としての使い方はしてきませんでした。しかしながら、音声もということで、機種を変更したのですが、今使っているものは、iBookにモデムとして使えないんです。そこで、モデムとして使うための機械を買ったんです。一般のお店では売っていなくて、高いビルの一室に買いに行きました。ふー、なんかすっかり電波生活です。よくないなーって思います。

半田やで、夕飯をたんと食べ、名取へ。名取の公園では、盆踊りをやっていました。僕は、歌と全ての楽器が好きで、踊るのも好き、そんでもってお祭りが、とてもとても好き。少し後ろ髪引かれながら、介護に向かいました。そして、いつも通りに深夜に帰宅したのでした。

写真は、今日の名取の盆踊りです。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く