昨日へ     2007年10月31日   明日へ

今日は、さつまいも芋掘りをしました。どの学年も植えたのですが、どの学年ももう掘っちゃっていて、3年生が最後でした。だから、あっちこっち掘り尽くしって感じ。意外と他の学年の畑にまだあったりするので、なかなかの宝物探し感覚でした。

芋掘りしてから、持久走の練習。4年生と一緒なのですが、4年生、気合い入ってますなー。

ところで、ここのところ「あきちゃんごっこ」ってのが流行っています。なんじゃろって聞いたら、「秋だからだよーん」って。そんなの全然説明になってないじゃん。と言いつつ、あら担任に似たかしらと、ちょっぴり反省。仕方ないので、昼休みの「あきちゃんごっこ」の現場を押さえに行きました。すると、トレーナーなどをたたんで、あかちゃんっぽいものにして、みんな「お母さん」してあやしているのでした。「あかちゃんごっこじゃん」って言ったら、「いや、あきちゃんごっこだってばぁー」とのこと。あーそうかい、そうかい。

今朝の夢周辺はこんなんでした。

どこかのホールは、教職員の集まり。僕は、エレキギターを選択する。フランジャーを効かせながら、観客席の後ろから階段を降りる。席は明るく、休憩時間。「あっ、○○○さんだ」と僕の名を囁く声。本当は、観客席から上がる舞台の右側の階段を使うつもりが、勢いがそちらに向かわず、右のドアから出る。一度、楽屋に行ったら、5弦と4弦は、緩みっぱなし。ペグではなく、ヒートンで留まっていて、僕は何とか絞めようとするけれど、からから言うばかりだ。気付くと、何を歌うかも分からない。決めていない。出任せで何かやろうと思うけれど、きっとうまくいかないってことは、分かりきっていて、たぶん終了後にめちゃめちゃ落ち込むのも見えている。僕は、エレキギターを置いて、いつものアコギにしようとしたところで、目が覚めた。そして、子どもたちの詩に曲を付けようと思いつく。若干のメロディが浮かぶ。寝不足だけど、起き上がって、Mac前。

写真は、今日の「あきちゃんごっこ」の現場です。情報によりますとぉ、女性ばかりじゃなくて男性も参加することがあるそうです。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く