昨日へ     2007年12月04日   明日へ

地域の先輩方に「ゲートボールを教えていただきありがとうございました」の手紙をみんなで書きました。もう寒くてゲートボール場で渡すこともできないだろうと、大きな紙に貼りました。そして、地区館へ持って行くことにしました。けれども、ゲートボール場には先輩方がいました。「明日ゲートボールやりたいかい」とたずねる先輩。3年生は素直に「やりたいですっ!」「それじゃ、先生に聞いてみよう」って、そりゃあストップできないですよね。天気よければいいな。

手紙だけは地区館へ。職員の方が驚いてました。だって、みんな、のんびり行く僕より先に行って「ぬけだしてきたー」なんて言うんですもんねー、まったく誰に似たんだかっ。2畳ほどの手紙を置いて、学校に戻りました。工事現場の人に元気に挨拶している声が響いてきます。ああ、教室の外で、子どもたちがのびのびしているのって、とってもいい感じだなーって、今日もあらためて感じましたよ。

今朝夢を見ました。覚えているのは、こんなことです。

黄色い車で島のお爺さんのところに林檎を届ける。行くと20代後半の娘さんか孫さんかいる。林檎の他にミカンも一緒。パラグライダー。モトパンで海に入っても大丈夫。マングローブの茂る南の島。イオンにいて、床屋に入る。学校にtelする。雨の道を歩く。誰かと待ち合わせ。夕張の坂道。長い夢。

写真は、今日の地区館前での3年生のピースです。パンダはお面じゃなくて帽子なんですけどね。

昨日へ       明日へ

はじめのページを新しく開く