昨日へ     2007年12月14日   明日へ

今日は、紙版画刷りをしました。いっぱい刷るように言います。失敗しても大丈夫。もう1枚刷ればいいんだよと言います。初めはおそるおそるでも、だんだん調子に乗ってくるとすごいです。ああ、楽しいですな。インクは、緑・青・茶の3色です。青が人気でした。版は木工ボンドでしっかり止まっているので、ちょっとやそっとでは、びくともしません。新聞紙でインクを落として、いろんな色で試みます。昨年の1年生と紙版画をしたときに、刷る紙に色紙を貼ると彩りが加わることを発見しました。去年の作品を紹介すると、なーるほど!と、じゃんじゃんやる3年生。いっぱい刷ると、気持ちいいです。いっぱい刷ると、交換したり、プレゼントしたりできるからねー。ああ、楽しかった。

4年生と一緒に、いろはかるたをしました。久しぶりに百人一首もしました。人数多いといいですねー。ま、3・4年生合わせて26名と言えば、全国的なことを思えばそんなに「多い」ってほどじゃないかもしれませんが。

指は、今一つ本調子ではありませんが、折れてはいないです。触ると痛いけど、響き方は打撲っぽいですから。

そういえば、ここのところ、はつらつと元気よい1年生が小声で話し掛けて来ることがあるんです。「どうしたの」と聞くと、「あのー、○っ○ーってよんでいい?」って話。僕は、みんなにニックネームで呼ばれることが多いのです。それを1年生は見ていて、入学当初からそう言っている人もいるんです。けれども、去年の1年生には入学式の日に「君たちは、まだまだですから、○っ○ーって言わないでください」と釘を刺し、ずーっと経ってから、解禁して「わーい!」だったんです。だから、2年生の中には「1年生は、ダメ!」と禁じる人もいたりするんです。いやはや、どうしたもんかのーって思います。1年生のいろんな子に小声で言われるので、こう言うことにしました。「みんなにやさしくする人なら、いいよ」 すると、ぱーっと日が差したような笑顔が見られて、僕も幸せになれますな。ありがとう、感謝です。

学校の帰り道、ゆっくり立ち読みをして、キムチのためのニラを買い、帰ってキムチを作りました。やっぱり指は、大丈夫だな。ラーメンを作り食べました。

ところで今朝見た夢は、なんだか苦しかったです。

夜のサービスエリアに入ったら、すぐに警察に止められた。免許証を見せろと言われ、探すけれども、見つからない。持っているものをテーブルの上に全部出すと、免許証の代わりの厚紙が出てくる。そうだ、前になくしていて、そのままにしていたんだ。テーブルの横では、トラック運転手が眠っていて、その人の財布が出しっ放しで、盗んでいるわけじゃないのに、僕が疑われるような気がしてならない。

写真は、今日の紙版画の時間の1枚です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く