昨日へ     2007年12月15日   明日へ

教育基本法が改悪されて、1年です。

去年の今日は、金曜でした。給食を食べずに、休暇を取って、東京に行きました。今日改悪されるかもしれないという状況認識はありましたが、とにかく駆けつけるという僕でした。そして、一人ひとりを大切にすると謳う法律を、国にとって都合のよい子どもを作るという法律にしてはなんねーという気合いに満ちていました。けれども、その夜、安倍首相の下、強行採決だったのでした。たくさんの仲間と出会った国会前でした。この夜は、新たに出会った仲間のところで夜明けまで語り合ったのでした。そして、翌朝(16日)御茶ノ水でゆっくり朝食を食べていたところに、東北大学有朋寮の強制収用のメールが入り、急いで仙台に戻り、現地で抗議行動。眠っていない体も、よく動くものだと感心しました。19日に新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会の県教委申し入れ行動。ああ、ずっと風邪引きっぱなしでした。

さて、今年の僕は、今日明日と予定をいれていません。というか、学期末仕事(学校の時間外労働)に専念するつもりです。

けれども、22日のぼり作りが優先になりました。22日は、≪立たないとクビッ!?≫改悪教育基本法の実働化をとめよう12.22全国集会に参加します。25日は12.25都庁前 One day アクション第2弾に参加します。太鼓持って参加することが多い僕ですが、ここのところ...というか去年以来...障子紙のぼりを作らないままでした。今回は、持って行きたいと思ったんです。絵の具と墨と買うために、鹿島台に行きました。ベンチソファの脚のためにレンガを買ったり、発泡酒も買ったり。そして居間に新聞紙を広げて、墨で描きました。餃子を作っている間に、墨が乾いたので、えーい!と色づけもしました。あれこれとメール返信をしたり、文書を作って送ったりしているうちに、1日は終わりました。

写真は、文字を入れたり、色を付けたりする前ののぼりです。これはこれでよいのですが、派手じゃなくちゃね。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く