昨日へ     2007年12月18日   明日へ

ここのところ、早寝早起き早朝仕事が多いです。夜呑むアルコールの量はとてもとても減っていますが、やっぱり酒気帯び仕事はできないわけで、結果すぐに布団に入り、早朝目覚めてやるんです。布団に入るとすぐに眠れる僕です。睡眠時間を確保した上での早起きも苦手ではないんです。ちなみに、朝はまだまだ真っ暗です。冬至に向かうあと数日。土の中にどんどんもぐっている感じですねぇ。または、ながーいトンネルをバイクで走りながら、両出口までの距離表示に「もうすぐ中間地点だ」って噛みしめる感覚です。

通信簿など学期末仕事もあるものの、教職員組合仕事もあり、今朝は町教育長交渉の要求書(3ページもの)と地区だよりを作りました。地区組合員の皆さん、遅くなってごめんなさいです。

学校に行く道は、久しぶりにクランボンを聴きながら、行きました。

今日も復習時間が多かったものの、そういえば方位磁針を使っていないぞと気付き、朝からみんなに方位磁針を渡しました。見方の説明をします。北を示す針と「北」って書いてあるところとを、ぴったり合わせるんだよ。そして、何が何でも合わせ続けて、そっちに歩いて行くと、まっすぐ北極だよ。「おー!」という声。白熊に会えます。「南」に行けば、ちょっと遠いけど南極に行けます。「おおー!」 ペンギンによろしく。東ってあっちだね。あっちにずーっと行けば、いつかこっちから「ただいまー」って帰ってくるんだよ。「おおおー!」 地球儀で説明。そして、じゃあ北極に行きますかと軽く言います。みんな「えー!」 春なら消極的な言い方が帰ってきたものの、この頃の3年生は「ちょっと寒いけどね」とか「田んぼもまっすぐ行こうね」とか、なかなか大らか軽やかな反応で楽しいですなー。

そして、校庭の真ん中に立ち、「じゃ、みんな、ここで待ってるからね。地球一周、いってらっしゃーい」なのでした。みんな「じゃあ、また会おうねー」と、東西南北に方位磁針を見ながら歩いて行きました。ま、適当なところで戻ってくるかと思っていたら、フェンスに足を掛けたりしていて、あらまー。ま、ある程度は見守り、しばらくして「そろそろ帰っておいでよー」って遠くに声を掛けるのでした。ああ、ドキドキしたっ。みんな、あちこちから「地球を一周してきたよ」「海の上を歩くのつかれたよー」と戻ってきたのでした。ああ、楽しかったね。黒板と教科書ノート、またはビデオだけよりも、経験として記憶されるものになったことでしょう。

詩集作りは最終段階です。入れたいもの全部入れて、表紙も合体。重い机2つを用意して、それの間でプレスです。写生板が役立ちます。ぺっちゃんこになったところで、製本テープ。おお、できたねー。みんな満足顔です。空いているところに、いろんな人からコメントやサインをもらうといいよって言ったら、みんなあちこち行っちゃって、なかなか帰ってきません。今日は掃除はなし。明日、その分しようね。ああ、今日も充実でした。

みんなが帰ってから、さあ学期末通信簿仕事です。今日は、6時半まで職員室で残って専念しました。いやはや...です。年賀状のイメージが湧いてきましたが、まだまだ遠いですね。子どもたちにいい感じに「よいお年をー」って言いたいですからね。

写真は、「東」に向かった人を「おーい、もどっておいでー」って言っているところです。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く