昨日へ     2008年01月18日   明日へ

給食週間です。給食を作る調理員さん・栄養士さんへの感謝の手紙を書きます。

「勉強と給食とどっちが大切だと思う?」という、いつもの質問には3年生は声をそろえていいます「給食が大切!」 食べることが大切。ときに「学校に何しに来ているんだ! 給食を食べに来ているのか!」という大人の声がドラマなんかじゃ聞こえそうですが、食べることは大事ですね。

さて、ふと思い立って「筑豊の子どもたち」を紹介しました。土門拳さんの写真集です。全部ではなくて、ずっと以前の筑豊の小学校・その弁当の時間の写真「弁当を持ってこない子どもたち」です。ある子はお弁当を食べているんだけど、顔を隠すように本を読んでいる子もいる、そんな写真です。あの写真を初めて見たのは、いつだったんだろう。夕張にいた頃であるのは、確かです。ずっと心に残っている、あの写真。僕は、貧困の傷は、深いです。そうそう、手紙を書くときのみんなに、水の冷たさの話もしました。お湯で洗えないものもあるじやないですか。給食の調理員さんには感謝です。食材を調理する全ての皆さんに、感謝感謝です。

夕方、教職員組合の支部委員会でした。町教委交渉をしたのが、僕のいる町だけだったので、その報告をしました。そして、教職員評価制度の不服申し立ての手順などについて話しました。そんなに長く話していたつもりはなかったのですが、僕だけ「そろそろ切ってください」って言われて、なんか悲しかったな。不服申し立ての手順は、市町村別それぞれとのこと。ならば、その方法などを教職員組合として明らかにして、安心できるようにしていきたいものです。

今朝見た夢は、さんなのでした。

天井に近い窓のカーテンの上に長い蛇がいる。2匹いる。ウナギのようにも見える。こんがり焼き色が付いているけれども、どうやら生きている。

写真は、今日の休み時間。ソリの醍醐味は、やっぱ立ち乗りでしょっ!

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く