昨日へ     2008年01月21日   明日へ

子どもたちと一緒にいると、懐かしい匂いに包まれます。匂いって言っても、くんくん嗅ぐのではなく、雰囲気ですね。

あの3年生がぽつりと言っていたのは、背が伸びた話。「あのね、前までもぐれてたのに、今、ふとんから足出ちゃうんだよ」 寒いから気付くよね。そして、その布団の大きさを想像する僕は、かわいいなーって、思うのです。何か心当たりありながら、ああ僕は3年生の頃、どんなふうに眠っていたんだろう。

雪遊びをして帰ってきて、ストーブの前にぽいって置かれた手袋。休み時間になって、また外に行くみんな。でも、手袋の内側が出てきちゃって戻すのが大変。うまく行かなくて「○っ○ー、これ、直してください」って持ってくるので、はいよって、1本ずつ内側に戻してあげます。汗と雪で濡れているから尚更大変なんだよね。...子どもの頃の僕は、なぜ大人はさっさとできるのか不思議でたまりませんでしたが、今日もそんな視線を感じるのでした。

写真は、そり遊びをする3年生です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く