昨日へ     2008年03月01日   明日へ

今日は、今年度最後の学習参観日です。参観授業は、どうしようか迷いましたが、国語にしました。3年生のみんなといっぱい詩を読み、詩を作り、歌ってきた今年でしたので、最後も詩でしめよう(詩めよう)ってわけです。

僕は、人の授業を見るのが好きです。いろいろ学べるから。しかしながら、教職員組合なんかでやる研究会への参加は熱心ではないです。授業ネタみたいな本は、まず買いません。買うのは、児童書ばかりです。「母の友」と「小さい大きい〜」などは別ですけどね。

さて、そんな僕ですが、今日の授業は組合の教研でずいぶん前に教えてもらった詩の授業です。オリジナルじゃないのが、少し恥ずかしい気持ち。以前やったのいつかなーって思ったら、7年前、前の学校でやってました。学級通信「一丁や太郎」の頃です。詩は、谷川俊太郎さんの詩。

「おおかみ」

谷川俊太郎

おおかみ つかむ ○○のにく
ゆうひが あかく もえている
あとには ほねが にさんぼん

おおかみ おがむ ○○○さま
○○しい こえで ほえている
あとには ひとつ ながれぼし

おおかみ かがむ くさのなか
わかばが かぜに ゆれている
あとには ○○○ ふたつみつ

題名だけを見せて、「おおかみ」のイメージをいろいろ発表します。一連ずつ見せて、○のところに何が入るか、みんなでいろいろ考えました。二連目のところは「さびしい」「さみしい」などが出て、その違いなど辞書で調べてみたりしました。一人で読むのもいいけれど、みんなで味わうのもよいですなーと感じました。

PTA総会があり、学級懇談会があり、役員引き継ぎ会には参加せず、帰宅したのでした。ああ、今年度が終わるなーって、しみじみ感じる今日でした。

あ、○に入る言葉が何かは、ぜひメールで予想をお知らせくださいね。

写真は、昨日の図工の時間の1枚です。青くしたところに、黄色をぱっぱっと散らすのを楽しんでいるところです。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く