昨日へ     2008年04月15日   明日へ

咽は治りません。

昨日の障子紙に、色を付けました。

算数の時間を半分で切り上げて、校庭に出ました。とても暖かく、いい天気なんです。たまたま1年生も校庭に出ていたので、一緒に過ごしました。「おんぶしてあげなよ」と話すのですが、5年生は苦手っぽい表情。そうですね、少しだけ勇気がいるよね。でも、誰かがおんぶをすると、もう大丈夫。だって、ほかの1年生がおんぶしてって言ってくれるから。そして一度おんぶできると、なかなか自信を付けることができちゃって、いい顔になるんですなー。毎年のことですが、1年生には感謝感謝です。

僕には子どもがいないのですが、ひょっとすると「親」も、「子ども」のおかげで「親」にしてもらっているのかもしれませんね。

写真は、梅の花の回りの1年生と5年生です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く