昨日へ     2008年05月01日   明日へ

運動会の応援合戦の練習が始まりました。中庭ででっかい声を出します。今年から始めるものなら大変。でも、これまで毎年やっているのを知っているから大丈夫。ヨサコイの自主練習も始まり、いい感じです。

56年生に僕が、応援合戦や縦割りリレーがうまいこと行くためのアドバイスとして言っていることは、こんなことです。命令しないこと。「今まで、並べ!とか、早く来い!とか言われて、嫌だったことあるでしょ」って言うと、うんうんと頷く人がいます。名前を覚えてあげること。「そこの人とか言われるより、○○ちゃんって名前呼ばれたほうが嬉しいでしょ」、うんうん。遊んであげること。遊んであげたら、きっと好かれる。好きな人が言うことは聞いてくれる。集まれ!なんて言わなくても、好きな56年生のところには、すぐに来るんだよ。そして、もう一つ。いくら「おんぶしてやる」って言ってもね、嫌いな人の背中には乗らないよ。小さい子たちは、正直だよ。怖いよ。みんなも12年生のころ、そうじゃなかったかい?...うんうん。

心を開くことができたら、まずは大丈夫。失敗してもその次がある...って、未来に可能性を感じられれば、安心。心は、一人で開くことはできないので、仲間と一緒にゆっくりゆっくりと、まるで昆虫が脱皮するように、少しずつ少しずつ、柔らかな皮膚と心を成長させるんです。

運動会まで、きっとドキドキ。でも、一つひとつの出来事を越えて、みんな成長するんですなー。写真は、今日の業間休み時間の校庭です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く