昨日へ     2008年05月08日   明日へ

沖縄のお土産は、チンスコーと決めていた僕。でも、ふと思い、牧志の公設市場でパッションフルーツを買いました。せっかくだから、教材にしちゃえってわけです。すごくいい香り。どんな味だろう、どんな中身だろう。今日、教室で開けてみました。「おー!」と声にならないどよめき。うーむ、とっても南国な感じ。「カラスウリみたいだね」という声もありました。じゃあ食べて見ましょう。その見た目に、みんなドキドキ。「すっぱしっぱい感じだよ」「脳がひりひりする感じだー」なかなか表現もパッションです。シーカーサーの濃縮液みたいな印象。やっぱりチンスコーにしなくてよかったな。

午後は、出張です。花山の青少年自然の家に打ち合わせ。来月、5年生が2泊3日の宿泊体験活動をするんです。バイクでとことこ行きました。久しぶりの花山です。プログラムについて、担当の方とお話し合いをしました。他の学校の様子を聞きました。一応活動現場を下見します。ま、慣れた花山ですけどね。

学校に戻らず、直接帰宅することになっていたので、ふと山道をもう少し登ってみようと考えました。とことこと走り始めると、なかなか止まらない僕。花山の峠をどんどん登ってしまい、栗駒から一ノ関経由で帰ろうと思い始めました。道の回りには、まだまだ雪があります。森はまさに新緑。茹でなくても食べられる柔らかな葉っぱって感じ。さて、一ノ関に行く道は、まだ通行止め。ありゃあ。しかしもと来た道を戻るのは嫌い。ずんずんと秋田県です。地図も持っていないので、何となく行っちゃうんです。稲庭を通り、そろそろどこかで左折するといいんだよなーと思いつつ、そのまますっかり湯沢。奥羽本線にもたどり着いちゃいました。鬼首の道に出ればよいなーと、とりあえず新庄に向かいます。ガソリンスタンドで給油しながら、道を聞きます。久々に「砂漠を走るバイクみたいですね」ってそんな話。南下して、小町の郷でお土産用の稲庭素麺買って、左折して、トンネルをたくさん抜けて、宮城県。鬼首を通って、帰宅したのでした。200kmも走ってしまった、ある意味トホホな夕方でした。

写真は、今日の栗駒の道端での一枚です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く