昨日へ     2008年05月27日   明日へ

私が夕張出身であることを知っている多くの方から、さっそく「市街戦演習誘致」のことが心配だねと、メールが寄せられています。誘致したなら、たぶん、幾ばくかのお金がもたらされるでしょう。「可能性あるものはすべて誘致する覚悟が必要」という言葉も、分からなくはないのですが、この選択が他の可能性を全て捨てることにもなるのだろうと思います。 あるところに、僕が書いた文章(メール投稿)は、こんなのでした。

私は、宮城県北部の町の小さな小学校で仕事をしています。近くには自衛隊の演習場があります。王城寺原ってところです。大砲を打つ音が響きます。雲が低い日はすごいです。窓ガラスが震えます。
先日、沖縄の辺野古に行きました。サンゴを埋めて基地を作ろうとする政府に抵抗し、おばあおじいたちが、頑張っているところです。エメラルドの海でした。けれども森の中から、始終機関銃の連射する音が響いていました。近くを電車が走っているのかと思いましたが、ここは沖縄でした。一度止まっても、いつ鳴り始まるかと落ち着きませんでした。
下北半島には、核燃サイクル施設や原発が作られています。原発ゆえに町の予算は潤っているそうです。原子力が危険であることは、みんな承知しています。お金のために「しょうがない」ってことになっているんです。
石炭を生かす方法は、ないのでしょうか。演習場を作って、あちこちに有刺鉄線を張られてしまってからでは、他の施策ができなくなってしまうのではないでしょうか。石炭から天然ガスを...という報道を聞いたことがありますが、進んでいるのでしょうか。
ふるさと夕張の「どの地区を」演習地にするのでしょうか。夕張出身者のふるさとへの思いは、大変強いです。立ち入りが禁じられ、有刺鉄線の向こうで「テロ対策」という名目で「人殺しの練習」をするのは...私は絶えられません。たぶん私だけではないと思います。
夕張から離れて暮らす出身者として、望郷だけに終わらない具体的な対策を、考えていきたいと思っています。

今日は、時間外勤務7時まででした。運動会延期とスポーツテスト準備と農業活動、おまけに自然の家宿泊体験学習など、あれこれと重なり、しんどいです。

ところで。僕は、女優蒼井優さんが大好きです。彼女主演のドラマ「おせん」は、22時というハードな設定。でも、蒼井優さんが好きだから毎週頑張って見ていました。ますます好きんなったなっ。でも、本日、お疲れゆえに、初めて「おせん」を見ませんでした。ま、そういうこの頃ってところです。

写真は、4日の那覇の猫です。首里の向かい側の中学校前辺りで撮った一枚です。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く