昨日へ     2008年08月31日   明日へ

今日は、本当は別姓を考える会主催の〈夫婦別姓ってどんな暮らしなの? 食べながら体験談を聞く会〉なんです。行かなくちゃいけないのですが、連れ合いぴよさんにお願いしてお休みさせてもらいました。

Mac仕事がたまっていて、時間がないんです。本当は出さなくちゃいけない「別姓通信97」作り。9月末に指導主事訪問があるので、道徳の時間の学習指導案も作らなきゃいけません。9月18日に宮城県教育委員会に交渉に行きます。新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会としてです。そのための申し入れ書・質問状作りも、急がなくちゃいけません。8月に取材した夕張の先輩の原稿もできれば12月までに出版(雑誌掲載)する予定です。

しかしながら、今日の僕は、一つに集中させてもらいました。学習発表会の台本作りです。今年は、5年6年16名の劇です。さあどうしたものでしょう。7年前の「さらば勉強マシン」、6年前の「ジイダ・ジイダ・マカナ」と似たようなフルオリジナルの3部作にしようかと思いましたが、フルオリジナルよりは3年前の「桃太郎」や2年前の「うらしまたろうズ」のように、何かを下敷きにして、結局オリジナルになるもののほうが楽ではあるんですなー、いろんな意味で。そんなわけで、あるクラッシックな文学を下敷きに、朝からぎゅーっと集中しました。夕方までに、何とか初稿を上げました。5348文字ですから、改行せずに詰めたら、原稿用紙13枚です。いつもいつも台本通りには進めないので、結句どうなるんだろうなーと思いながら、ひとまずは台本(初稿)を上げたので、ほっとしましたなー。

写真は、10日の釜が崎の猫です。凛としていました。

昨日へ        明日へ

はじめのページを新しく開く