昨日へ     2009年02月10日   明日へ

今日は、珍しく英語(総合)の時間が2時間目でした。そして、4時間目に、英語の研究授業。3年生です。人の授業を見ると、いろんなことを学びますね。ことばと文字と異文化と。何をどのように学ぶものか、いろいろと考えました。


午後は、「書の美」の特別授業でした。書家の先生を招いて、学んだんです。学校には、いろんな文書が届きます。いろんなお誘い、いろんなコンクール出品の案内などなど。僕は、毎日の授業が第一。あんまり出張には行きたくないし、目新しいものには関心ないんです。しかしながら、県からの文書に「書の美」っていうのがあったときは、おもしろそう!と思い、応募したんです。そして、本日。書家をお招きすることになりました。いわゆる書写ではなく、アートとしての書なんです。たくさんの報道の方も来て、いやはやにぎやかなホール。太い筆をお借りして、「一」を書く(描く)5年生と6年生。「山」と「火」も書きました。ほほっー!って感じ。薄い墨の滲みは、いい感じですね。みんな、思い思いの作品を作り、満足でした。芸術は、遠いところではなく、君たちの指先にもあるのですという言葉は、心に残りました。感謝です。

今朝は今日の授業を先取りするような夢を見ました。
韓国のサイクリングラリー。僕は、取材する側。レースではなく、でもツアーでもなく、ラリー。砂漠を行くらしい。冤罪になった女性。テレビの取材は、失礼な感じ。全て英語の夢だった。

写真は、「書の美」の先生を囲んで撮ったものです。

昨日へ       明日へ

はじめのページを新しく開く