昨日へ     2009年02月13日   明日へ

今日は、6年生を送る会の内容検討の日。5年生は、それぞれにプランをアピールしなくちゃいけないので、ドキドキの様子でした。一人ひとりの発表。担任の僕は、優しくなく、冷たい対応をあえてします。緊張感が支配します。これまで、いろいろな発表など、担任の先生に「こうするといいよ」と準備されてきたものをやってきたと言っていたみんな。いやいや、自分たちで考え準備するお年頃。がんばってもらいましょう! 

みんなが一通り発表し終えてから話したことは、ぱぱっと頭で描くだけではなく、紙に書いたり形にするんだよということ。嫌だ嫌だと言っていても、越えなくてはならないことが、これからいっぱいある。努力せずに通り過ごしてほっとするのではなく、しっかりと取り組みなさいということ。ぺらぺらな日々ではなく、自分で自分を褒められる努力は惜しまないこと。そんなこと。そろそろ、6年生...そして中学生...イメージをしてもらいたいと思っているんです。いつまでも12名の小さく暖かな世界にいつづけるのではなく、いずれ広い世界に出ます。流されず、振り回されず、小さくまとまってしまうのではなく、大らかに持ち味を発揮していってほしい。そう願う僕です。


34時間目は、3456年生の合同図工。今日は、篆刻をしました。消しゴム版画です。先日の書の作品のためですが、結果的には3年以上のみんなでやりました。いやはや、持ち味でますなー。終わってからは、みんなで四百人一首。取れる人もなかなか取れない人も。まあ、これも経験ですな。そうそう、明日がバレンタインデーなので、あちこちチョコ話題でしたよ。


放課後、木の絵をオープンスペースに貼りました。月曜に5年生はどんな感想を口にするでしょうね。脚立に上がって、今の高校2年生が小学6年だったときに作った作品を貼り直したりもしました。ああ、あれから5年も経っているんですなー。


夕飯食べてから、連れ合いぴよさんと図書館レンタルの「トムとジェリー」を見ました。懐かしく、和み、ほっとしました。気温の高い、暖かな夜です。

写真は、今日の図工の一シーンです。

昨日へ       明日へ

はじめのページを新しく開く