昨日へ     2009年02月20日   明日へ

今日は、縦割り縄跳び大会です。いつものように健康運動委員会の4人が進めます。前半は短縄跳び。二人組になって「前跳び」「後ろ跳び」のそれぞれ30秒間に跳んだ数を互いに記録します。「前あや」「前交差」「後ろあや」「後ろ交差」から一つ選んで、こちらは20秒。「披露」ってことで、「二重跳び」。やれる人がやって見せるんです。そして、記録カードに互いに「手紙」のような「一言」を書き合います。こんな感じの縄跳び大会は、すっかり定着しましたなー。実のところ、技能向上の体育というよりは、互いに数え合い、褒めあい励ましあい学びあうっていう、そんな人間関係のための時間って感じ。ま、いつもの授業もおんなじって言えばそうなんですけどね。後半は、縦割り班ごとに長縄跳びです。3分間に何回跳んだ(通った)かをカウントするんです。これは、2回やりました。これもみんないい感じ。ほのぼのとしていて、だらけてなくて、厳しさと真剣さ、そして温かさと笑いがある...そんな縦割り縄跳び大会でした。ああ、一つひとつ行事が終わり、卒業式が近づいてくるねー、そんな感じです。


縄跳び大会を終えてから、5年生はうどん作りです。総合的な学習の時間(食)のまとめとしてのうどん作りですが、家庭科のようでもあり、また国語の説明文「インスタント食品と私たちのくらし」の実践編でもある感じですなー。4時間目にこねました。給食がある日なので、大量には作りません。かつては天ぷらうどんにしたこともありましたが、今回は素うどんです。小麦粉は一人100g。水は、その半分の50g。塩を一つまみ水に入れて食塩水。粉に少しずつ食塩水を混ぜてこねていきます。食塩水を混ぜ終えてこねこねしたら、漬物用ビニール袋を渡します。袋に入れて、踏みます。踏めば踏むほど、うまくなるよ〜。漬物用のビニール袋は厚いので破けにくく、大変重宝します。高いけどね。みんな踏み踏みしているところで、給食時間です。給食時間も教室で踏んでいたら?って誘います。発酵の研究をしたみんななので、教室のストーブのあたりで暖めたらどうだろう?とか、ストーブよりも君たちの服の中の方がよいかもしれないねえ〜とか、いろいろ誘います。みんなおめめキラキラです。


給食を食べながら机の下でふみふみしている人も、妙に服のお腹のあたりが膨らんでいる人も、ストーブの前にしょっちゅう行く人も...。昼休みにはこねこねしながら百人一首をしていたり、マンガ読みながら踏んでいたり。僕は、かつお節削りです。しゃかしゃかやっていると、2年生がやってきて、やりたがります。はい、やってもらいましょう! 働いた2年生には、削り立てのかつお節をお口にぽいっ! うまあ〜い! でした。ありがとうね。


5時間目、粘り気がめちゃめちゃ増したうどんに騒ぎつつ、伸ばします。棒で、少打ち粉しながらやります。伸ばしても戻ってくるのが、まさに生きている感じですなー。伸ばして伸ばしてたたみます。お湯はいっぱい沸かしています。みんなが伸ばしているところで、僕は出しを取ります。「ああ、いいにお〜い!」 化学調味料は使わないので、地元醤油とビートの砂糖、塩でうどんつゆを作ります。うどんを切る見本を僕がやります。そして、ゆでて、あげて、洗って、みんながしっかり見ているところで、醤油だけでつるつるっ! うまい!って、一人だけ食べちゃって、みんなやる気満々。これ、いつものパターンですね。僕が広く伸ばして細く切ってねって言っていたので、みんな稲庭うどんみたいな感じでした。いやー、うまかったねぇー。6時間目の終了時には片づけ終わり、満腹で帰宅のみんなでした。

写真は、今日の5時間目の1シーンです。

昨日へ       明日へ

はじめのページを新しく開く