昨日へ     2009年06月08日   明日へ

アナキストとしての自覚が強くなるこの頃です。僕は、コミュニストではない。世の中をよくするために、みんなが幸せになるために、いろんな組織とかグループ、ルールとか教典とか、そういうものがあるのかもしれないんだけど、組織やルールが全部なくなったほうが、よりみんなのためになるのではないかと、そんなことを考えています。

一人ひとりの人間、人間の全員。それぞれの幸せと、痛み。傷つけられた消えない恨みもあるかもしれない。けれども、大丈夫なんだよと、少しずつ信頼を取り戻す営み。人間は、みんな失敗ばかりする。でも、それを避けるために、どんなマニュアル本を読んでも、どんな資格を身に付けても、「確実な幸せ」はなかなかない。というか、絶対にないんですなー。

「あっち」とか「あいつら」とか、そんな阻害感が広がる中で、どんな明日があるんだろう。自分の気に入らない存在を抹殺することで、落ち着いた日々はやってこないさね。僕は、「平和」ということばをあまり使わない。様々ないざこざと小さな幸せ、小さな誤解としばらくぶりの解ごう。そんなもんです。果てしないいざこざや巨大な幸せ...そういうもんじゃないなぁ。ああ「アナキスト」って括りも、余計かもしれない。

写真は、先月18日の畑の豆です。芽の力って、すごいです。

昨日へ       明日へ

はじめのページを新しく開く