昨日へ     2009年06月14日   明日へ

山谷の宿で目を覚ましました。昨晩は遅かったのに、いつも通りの早朝です。この宿には、朝風呂があるので、さっそく入りました。さっぱりしました! チェックアウトして、玉姫公園方面には行かず、すぐに駅に向かいました。駅の時刻表をぺらぺらめくります。

実は、今日東京で大きな集まりが幾つかあります。誘われたりもしたのですが、みんなで大きな一つの集まりにしたい気持ちが僕としては大きく、どこにも参加せず、ぷらり旅なのです。「敵」は何者か? 僕たちはどこに向かうのか? 僕は、相変わらず偏屈者で、相変わらずの適当者。でも、暴力・権力に対しては、ずっと抵抗し続ける偏屈者です。もしも仲間だった誰かが「暴力」や「権力」になっちゃったら、「あらまー、だらしないじゃん」って声を掛けるでしょう。そして、僕がそうなりそうだったら、誰か声掛けてくださいね。いつかBobMarleyさんに会ったとき堂々としていられるように、卑屈にならず、誰かのせいにせず、仲間外れ作らず、いっぱい喧嘩と仲直りを繰り返しながら、経験豊富なお爺さんになっていく所存です。

さて、今日のぷらり旅です。土日切符なので、ある一定エリア内は乗り放題なんです。草津温泉に行ってみようか、常磐線をとことこ途中下車しながら北上しようか、水戸訪問してみようか、熱海もいいぞ、山梨でほうとうを食べようか、新潟回りで帰ろうか...と考えたのですが、結局短時間で行ってこれるところで、おみやげ購入目的が大きく、僕は長野新幹線に乗るのでした。新幹線の車窓を眺めながら、iPodでBAGDAD CAFE THE trench townを聴きます。ああ、ゆったりと幸せ。予定が入っていない時間、幸せ。軽井沢を過ぎ、ふと考えました。長野県内であれば、おみやげは手に入るはず。ならば、長野に行かず、別な町で降りよう。そして、僕は上田で新幹線を降りたのでした。

上田には、初めて来ました。いかにも新幹線が来たので整理されちゃったって感じの駅前でした。広場で、バンドのリハーサル。ドラムセットの音が響いていますが、人はスーパー前の広場、ビンゴゲームに集中しているのでした。スーパーに入って、おみやげものを探しました。瓶詰めのイメージでいたのですが、ほほー、缶詰め発見! やっぱり長野に行くことはないですな。とりあえず購入せずに、駅前をうろうろ。朝食を食べないで、もうすぐ昼になっちゃうくらいなので、どこかでおそばでも食べようと思ったのです。けれども、ぱっとはなくて、おみやげ屋さんに入り、小さめの缶詰めと、連れ合いぴよさん用に栗ジャムを買いました。缶詰めの中身は、いつもの奴です。蜂の子です。教室用ですね。

駅に戻り、温泉行きの電車があるということで、離れたところにある切符売り場に行きました。お! あと10分ほどで出発です。ならば、乗るしかないでしょう。別所温泉行きの電車に乗り込みました。2両編成の電車です。キーボードが運び込まれていて、むむっと思ったら、なーるほど、電車の中で歌いましょうという企画なのでした。どうやら、今回が初回らしく、打ち合わせながら、進められていきます。歌詞カードが配られ、「線路は続くよ〜」って感じなのでした。駅長さんも乗っていて、ハーモニカを吹いたりしていました。30分ほどのライブでした。みなさん、お疲れさまでした。電車を降りたら、お客さんに「スタッフの方ですか」と聞かれたのは、カメラを持っていたからでしょうね。ま、そんな感じですわね。

別所温泉の地図をもらい、団体さんが向かった道とは違うほうを歩きます。ビーチサンダルで、ぺたぺたです。遠刈田温泉みたいなんだけど、一番奥まっている感じの町。静かな村。とりあえず「大湯」を目指しました。初トンボ見つけました。夏だね。大湯はすぐに見つかりました。その隣に、いい感じのおそば屋さんがあったので、入りました。壁にはたくさんの色紙。アントニオ猪木の写真なんかも貼られてありました。大ざるを頼みました。お店のおばさんがテレビのスイッチを付けてくれたのですが、僕としては「ここの音」を聴いていたくて、音量を低くさせてもらいました。消すのは、ちょっと悪いかなと思い、ま、そのまんま。大ざるが来ました。ほほー。細い更科系を予想していたら、ぶっとい山形田舎そばでした。もぐもぐとおいしかったです。そして、大湯。公衆浴場なんですが、露天風呂もあり、驚きでした。硫黄の香りがする、ゆっくり浸かるといい感じのお湯でした。いろんなところに、いろんなお湯があるんですなー。

大湯を上がって、もう帰ろうかと思ったのですが、八角三重塔があるとのこと。それは見てみましょう。安楽寺に行きました。雰囲気は、山形の山寺を思い出させる感じ。でも、そんなに長い道のりじゃないです。八角っていうところが、僕の興味関心だったのですが、なるほど完成したとき、きっと設計者は「やったー!」って歓声上げただろうなーって、そんなこと思いました。一つひとつのパーツを作り、組み上げ、いやはやみんな頑張ったね。

安楽寺から坂道を下り、駅へ。のどかな佇まいに、ほっとしましたな。帰りの電車には、音楽サービスがなくて、何となくほっとしました。静かな日常の車窓に、麦畑を眺めました。いい色になっています。上田の駅には釜飯で有名な荻野やの立ち蕎麦屋さんがあり、気になったので、食べました。値段もちょいと高いのですが、丁寧なおそばでしたよ。すぐに東京行きがあったので飛び乗りました。大宮で降りました。宇都宮で餃子食べようかと思ったのですが、5分後に来るはやてに空席があったので、すぐにはやてに乗りました。昨日買った「アナキズム」を読んでいるうちに、すぐに仙台でした。ヨドバシカメラに寄って、課題となっていた三脚を買いました。かなり奮発しました。この夏、天体観測する予定があるんです。また、蛍が舞うようになったら、繰り出そうと思っているのです。5年生のみんなに聞くところでは、蛍はたくさんいるようなのです。というわけで、三脚お買い上げ。

仙台から古川経由で帰ろうと思ったのですが、ちょうどよい新幹線がなくて、結局いつも通りの東北本線で帰ったのでした。

写真は、別所温泉の安楽寺での1枚です。

昨日へ       明日へ

はじめのページを新しく開く