昨日へ    2009年12月04日   明日へ

今日は、学習参観日です。音楽室でわらべうた遊びをして、それから百人一首の予定でした。わらべうたはちょっぴりで、百人一首をメインにしました。おうちの方も加わってくれて、嬉しかったです。見るだけの参観も大切ですが、一緒に活動する機会も僕としては大切にしたいんです。一緒に過ごすということ、一緒に輪を作るということ。何より、ドキドキしたりしながら、楽しむってこと。ライブで黙って鑑賞するのもよいけれど、一緒に跳ねたり踊ったり歌ったり...できるときはしたい...って感覚に似ています。おうちの皆さん、ありがとうございました。

学年懇談会で2学期のことを振り返り、冬休みと3学期のことを伝え、そして来年度の卒業アルバムのことなど話し合いました。懇談会を終えてからも、あれこれと語らいました。温かなみなさんに感謝感謝です。

学校から家に戻り、すぐに駅に向かい、仙台です。今日は、仙台市教委が中学校教員のFさんを分限処分にしたことを取消させる訴訟。その控訴審の判決が今日出るんです。僕は、学習参観日だったので傍聴には行けませんでした。夜に、裁判報告会。仙台駅から仙台市市民活動サポートセンターに急ぎました。

判決は、訴えの棄却。すなわち敗訴です。教員としての職であり、同時に地方公務員としての職にあるか否かが、一つの争点でした。恣意的な首切りを恒常化してはなりません。何とかしなくてはなりません。今後について、いろんな方からこれからについて、意見が出されました。原告の思いも大きいです。みんなで知恵を持ち寄り、みんなが暮しやすい世の中にしなくてはなりませんね。

写真は、今日の夕方の松山町駅。仙台への電車を待っていたときの一枚です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く