昨日へ    2010年01月23日   明日へ

朝から山形へ電車で向かいます。今日は、日教組の全国教研に合わせて、山形で「日の丸・君が代」問題自主教研があるのです。Macのプリンタで印刷したレポートと、iPhoneとGRを、ショルダーバッグに入れて、かなり軽装でのお出かけです。何年ぶりかの仙山線。「東北福祉大前駅」って、ほんとに大学前で、驚きました。だんだんと雪が多くなり、そして山形に着いたら、雪はまたなくなっていました。

山形駅で降り立ち、予約していた安宿を探して歩きました。急がない適当散歩は、幸せ時間ですな。しばらくして、見つけました。予想通りの安宿、予想通りのおばあさんでした。暖房が入っていない部屋に入り、顔だけ洗って、また出ました。今夜の交流会二次会の場所を探しながら、うろうろするのでした。福島ナンバーの右翼団体の街宣車が1台、駅前で演説していました。聴こうかな?と思ったのですが、警察が多く、何となく聴きにくくてやめました。自主教研の会場となる公民館を探して、西口を行きました。新しい道路と古い街とのちぐはぐが印象的です。

駅で、自主教研呼びかけ人仲間の方と待ち合わせ。二次会会場を予約し、そして公民館へ。隣では全国教研の分科会があるものの、僕は今回傍聴券がないので、静かに公民館で待ちました。そして、関東、関西から来た皆さんと語らいました。自主教研の会場の準備をします。何となく、今回も僕は受付をすることにして、準備。レポーターの発表よりも、おつりだったり、後から来た方への対応などのために、仕事していました。

それにしても、学校現場の状況は、およそ「子どものため」から離れていっている感が強いです。人間が育つ場ではなく、作られる場になっているのかもしれません。もう20年教員をしている僕としては、そんな学校にしてしまっている責任がきっとあります。評論家ではなく、実際に現場にいる者として、何とかする営みを進めなくてはならないですね。

今回、発言する予定をしていなかったのですが、急遽話すことになり、3分だけ。でも、内容はまとまっていなくて、自分自身がっかりでしたなー。頑張れ、自分!ってモードに入ったままな感じです。

しかしながら、参加者61名と、予想よりは多く、そのことがとてもほっとさせてくれました。北海道、首都圏、関西などの他、宮城・仙台・山形・岩手からも参加者があり、感謝です。今日の語らいを、明日のバネにしていきたいものですね。

居酒屋で交流会。年に何回かしか会わなくても、仲間として語り合える繋がりがあることは、大きいですね。感謝です。しんどいときでも、独りぽっちにならない自分として、前向きに歩んでいけそうです。ずっと語らっていたかったのですが、宿の門限の11時半が近づき、雪の中を走りました。おお、ぎりぎりセーフ! 

部屋のバスタブに張ったお湯が錆色でも、MTVのU2を聴きながら、前へ進めそうな気持ちでした。MTVで、動く小川美潮さんを、生まれて初めて見ました。映画「蛇とピアス」をみてしまい、うんと深夜に眠りました。やっぱりARATA。さすがです。外で話している酔っ払いの声を聴きながら、山形の夜がふけていきました。

写真は、山形へ向かう電車の中です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く