昨日へ    2010年05月21日   明日へ

早朝、布団の中で、あの仕事をしなくては...ああ、あれも...と考えていると、どれも本当はコンパクトなのに、とても重く大変なものに思えてきてしまいます。少し危険な行為と言えるでしょう。

青森県で、家庭科教員の採用試験で、調理師免許も必要と採用条件を追加したそうです。学校教育を何だと思っているんでしょう。解せない気持ちです。今回受験する人は、どうするんでしょう。何でも条件を付ければよいわけではないし、そもそも家庭科教員の仕事をどんなものだと考えているのでしょうか。小学生5・6年生が「英語の免許などない」教員に英語を教わっている(教えさせられている)ことのほうが、大変なことなのに。

人は、誰にも命令されずに、自分の意志を表現し、行動することができるのです。「権力」持つ者は、ときに「誰に命じられているのか」を詮索しますが、いやはや人間は元々自由なんです。自立しているんです。子どもだった頃、口ずさんでいた、吉田拓郎「ひらひら」 大人の今、冷めつつ覚めつつ、口ずさんでいます。

写真は、今日の3年生です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く