昨日へ    2010年05月28日   明日へ

今日は、リコーダー講習会。リコーダーの先生が来て音楽をしました。先生によって、やり方いろいろですな。通信簿の検討会がありました。夕方から組合の支部大会。いつもは、最初から参加しているのですが、今日は会議ゆえに休暇は取らず、大会には遅刻。遅刻ゆえに発言しないでいたところ、帰り際に「今日は発言しなかったんですね。いつも楽しみにしているんですよ」って言われて、ほんわか嬉しかったのでした。

帰宅して、米軍基地問題での鳩山総理の会見を見ながら、メモをしました。海兵隊の犠牲を忘れてはならぬ? って... 鳩山総理の会見、今のところ、逆なでって印象。「大きな転換」とは、民主党の方針と感じられなくもない。情勢の緊迫? 戦争をするの?と、考えてしまいます。「敵」などではなく、自ら(日本政府)の進む道が問題です。「前進」は何か?「安全保障」とは? 「日米同盟」よりも、独立が必要なのではないでしょうか。「残念ながら罷免」? 私はとても「残念」です。「基地問題の解決」とは、どのようなものか?「沖縄の負担軽減」のために、辺野古ですか? それは、理解できません。「野党時代に、県外・国外」っていうのは、おかしいです。それは、公約です。無責任な扱いは、信用失墜言動です、首相。結局、最終決定は、アメリカ軍なのではないでしょうか? それでは、民主党への期待を大きく裏切るものです。いくら普天間基地が辺野古に移動しても、それは何も解決になっていないことを、民主党議員・民主党支持者には伝えたいです。鳩山首相は、どこに向かうのか? ノーベル賞のオバマ大統領は、どこに向かうのか? 基本的に、アメリカ軍の代表または下請け的な発言になっています。「粘り強くご理解を求める」とは、どういうことなんだろう? 「県民の皆さんのご理解」とは、どんなことを想定しているんだろうか?必要なのは、「訓練の分散」ではなくて、訓練の縮小なんだと思うのですが、「安全保障上」やっぱり必要ってことになるのでしょうか。...NHKは、途中でおしまい。これ以上は、不憫? これ以上でも飽きる? まあ、マスコミですから期待はしませんが、報道する皆さんはどんな印象を抱いたのでしょうか。

写真は、リコーダー講習での一枚です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く