昨日へ    2010年09月12日   明日へ

いよいよ今日は、僕のライブ。みんなが待っている。衣装も考えた。アジアン民族系衣装に、昨日釈放されたときに絞めていたネクタイをしよう。そろそろ時間だ。トイレに行って、長い小便をする。大丈夫。僕がメインの初ステージなのだから。やっと連れ合いぴよさんが外から戻ってきた。ビデオカメラはそこに置いているからね。舞台に上がるかと思ったら、舞台は、上ではなく下だ。李政美さんともう一人がサポートのはず。けれども、違う人が二人。ジャンベだと思っていたのに、大きな壺の盛り上がった蓋のようなものを叩くのだと言う。男性が言う「もっと速く速く!」僕は、叩く。響かない。「もっと速く速く!」 彼は舌打ちをする。「この前も観客が二人だってな!」と投げ捨てる言い方。本番中ではないか。そして、僕のライブは今日が初めてだ。しかも自分の楽器じゃない! いつの間にか、誰もいなくなっていて、僕はどうやってそこから離れたか覚えていない。ライブハウスは、馴染のログハウス。店の人がスパゲティーを茹でる大きな鍋をひっくり返した。白く濁るお湯を床の木目の穴に足で追いやっている。僕は、楽屋のような裏部屋にいた。店の女性が、売り物のズボンを整理していた。「今度1000円出せば、イベントに出られるよ」と多分慰めている言葉。かえって傷つき、起き上がれない。有頂天から、一気に落ちて、我を知る。というのが、今朝の夢。覚めてからも、打ちのめされた衝撃で、外の虫の声ばかり聴いていました。

早朝起きて、iPadの設定をしました。ひとまずほっとして、学芸会の台本作りに専念。何とか夜には仕上げました。ひとまず、ほっとしたな。連れ合いぴよさんに、台本を見てもらうのに、さっそくiPadを使いました。やれやれ、ひとまずですな。

写真は、4日の大阪での一枚です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く