昨日へ    2010年11月09日   明日へ

今朝見た夢はこんなのでした。セローでツーリング。ぴよさん後ろ。急な崖。高速道路の横。落ちる。ぎりぎりのところで、欄干に捉まる。セローが落ちると思ったところで、何も考えないようにしようとする。白馬はどこか。軽井沢かもしれない。温泉はにぎわっている。3mの深さ。みんな底まで潜る。上がって、高いとこから飛び込んで、さっきより浅いと思ったら、女湯。でも人は居らず、急いで上がった。管楽器を吹く。シャトルバスが来るまで、着替える。さて、バイクを何処に置いたっけ。

今日は、休暇を取って、3時からの教職員組合支部による教育事務所交渉に駆けつけました。教育事務所は、県教委の事務所です。教職員組合支部としては、町の教育委員会と同様、事務所とも交渉するのです。昨年度は参加できなかったので、久しぶりという感じでした。最後のほうで、教職員評価制度に関わって質問・発言しました。教職員評価制度に関わる資料は少なからずあるので、もう少し時間がほしい感じではありましたが、ま、仕方ありませんな。

この頃の歌、いろいろ。題名なし。だいたい出だしの言葉だけ。あとは、出任せになるのです。ノンジャンルがモットーですが、この頃はパンクブルースフォークって感じの色合いです。ギターとブルースハープというパターン。路上でやらなきゃいけませんなー。

いつでも大ピンチ
ときどき小パンチ
小さい心配ふくらませ
すべからく大ピンチ

酸いも甘いも日々上等
流れに抗して立つけれど
差し出し不明のボディーブロー
黒血がよってくる

伝わる言葉
手に取れる温もり
ときどきは、ぶつける怒りで
トゲも手に刺さる

いつでも届くのさ
耳に胸に心に
気持ちのまんまの君の声
小さな花の種

箱に入っていない
どこにも同じのない
森の木のしずく
雪原の風

写真は、先月24日の恵比寿での1枚です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く