昨日へ    2010年12月03日   明日へ

今日は、学習参観日です。国語の詩の授業。前にもやったことがある「おおかみ」です。めあては、詩を味わう。おうちの方にも一緒に味わってもらう授業にしようと思いました。1行ずつ、黒板に書きます。ところどころ、ことばを抜きます。 全部ひらがなであることと、繰り返されるとこころがあることに、気付かせながら進めます。

初めは、おおかみという題名から。おおかみの印象などを話してもらい進めます。1行目の「しか」を伏せます。みんなで考えます。「しか」にたどり着いて、ほっとして、どんなふうに学習していくか、理解してもらいます。いろいろと伏せて考えながらですが、おうちの方と相談タイムも取りました。そうすると、おうちの方も一緒に授業に参加って感じになりますね。最後は「うんこ」のところ。予定通りに「えーー!」で、おしまい。最後に、みんなでリズムよく読みました。ああ、みんなで読むから、楽しいね。発見があり、深く感じ考えることができる。

         「おおかみ」 

  谷川俊太郎       

おおかみ つかむ しかのにく
ゆうひが あかく もえている
あとには ほねが にさんぼん

おおかみ おがむ おつきさま
かなしい こえで ほえている
あとには ひとつ ながれぼし

おおかみ かがむ くさのなか
わかばが かぜに ゆれている
あとには うんこ ふたつみつ

懇談会では、ゲームの遊び方などについて話し合いました。子どもたちは、24時間日々成長のためのあれこれをし続けています。学校でも、家でも、友だちの家でも。みんなで育んでいきたいものですね。

夜、保護者の方何人かの方と語らいました。飲みました。いろんなお話聞けてよかったです。感謝です。ついつい遅くなり、いると思ったタクシーがおらず、隣町のタクシーもぎりぎりセーフ。歩いて帰るか?!と思った雨の夜でした。

写真は、夜の駅前です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く