昨日へ    2010年12月19日   明日へ

大阪は日本橋で目を覚ましました。今日は『これでええんか橋下「教育改革」 あかんやろ! 新勤評を許さない12.19全国集会』の日。僕は、実行委員なので9時半、大阪中央公会堂集合です。地下鉄で2駅でしたが、歩かない手はありません。何となくの土地勘で歩き始めました。

飲み屋街を通ると、仕事明けのホストさんホステスさんたちでいっぱいでした。「こちらです」とお店に案内しているホストさんもいました。「大丈夫です。お店、開けますから」とか、言っていました。みんな夜通し飲んで、夜を通し切ってしまった朝。でも、続くのですね。しばらくすると、アーケード街でした。開店準備のお掃除の人、犬の散歩、コスプレの女の子を取り巻いて撮影している少年〜青年たち、店先で寝袋に入ったままの人...。またしばらく行くと、官庁街。つまらない風景になりました。掃除なのか改修なのか、ヘルメットをかぶった同じ服の作業員があちこちにいました。

公会堂に到着し、皆さんに会い、舞台装飾の仕事をしました。その後、少しゆったり語らいました。リハーサルを見たりしていました。後は「各地からの発言」の発言者の皆さんに時間設定とか、入り方とか、知らせる仕事です。

11時をまわり、プレ企画 DVD「はながゆく」12・19集会特別バージョン上映です。上映後、赤阪はなさんたちが登場しました。はなさんは、現在就職活動中。大阪で、どこか仕事、ないでしょうか。続いて、 ジョニーHさんが登場して、「不適格教師の烙印を押された男 ジョニーカムバック」予告編上映。

そろそろ広すぎる会場が埋まり始めて、ほっとしました。続いて、趙博さん・ハルマゲンさんの演奏。「百年目のヤクソク」はさわりだけでしたが、しみました。全部聴きたかったです。

パネルディスカッションは、「教員評価は、子どもから教育への権利を奪う。」というテーマで、中田康彦さん(一橋大学)、冠木克彦さん(弁護士)、土肥信雄さん(元東京都立三鷹高校校長)、支援学校教員、府立高校卒業生、保護者というパネラー。皆さんそれぞれに、とてもよく分かるお話でした。自分の言葉で語ることの大切さ。暮らす自分の「現場」の重み。
次に、全国各地からのひとこと発言です。宮城、千葉、東京、神奈川、愛知、三重、兵庫、福岡、大分。宮城は、僕。何せ持ち時間が1分です。舞台袖で、いつもの発言者の皆さんに「発言ではないです。挨拶です。挨拶でいいですからね」って話したのでしたっけ。さて、発言(挨拶)を終え、各地の仲間に挨拶して、僕は会場を後にしました。飛行機の時刻が迫るからです。集会としては、以下のようなアピールが続くのでした。
業績評価裁判・岬の会(東京)
・不提出訴訟原告団(大阪)  
・宇都宮先生の「不公正評価」を正す会(大阪)
疋田教諭分限免職取消訴訟 (東京)
・成城高校T氏再任用拒否撤回闘争
「日の丸・君が代」強制反対予防訴訟をすすめる会 (東京)
「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会 (東京)
・門真三中「君が代」不起立訓告処分・被処分者(大阪)
・「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に!ネットワーク
・教育市民署名実行委員会(大阪)
・朝鮮学校に対する「無償化」除外と「補助金」保留問題
・朝鮮高級学校卒業生からの訴え
・在特会らによる4・14徳島県教組襲撃事件についての報告
・偽装請負告発者を不当解雇されたPPD(パナソニック・プラズマ・ディスプレイ)との闘い

公会堂から地下鉄の駅に行き、梅田へ。バスで伊丹空港に行くのですが、バスは渋滞の中。バスの中も満員。でも、ギリギリになる手前の時刻で、ほっとしました。行きでは、ひっかからなかった児童用はさみがセキュリティーチェックで引っ掛かり、厳かに段ボール箱に入れられ、いやはや大変でした。飛行機は、いつになく大きな機体。ぐんと離陸し、ずーんと着陸し、仙台空港です。

仙台空港からの電車では、聞こえるのは老若男女の中国語だけでした。不思議な感じ。昼食も落ち着いて取らなかったので、夕食として名取のサッポロビール園に寄りました。ジンギスカンと生ビール。介護に来るたびに、いつも憧れだったビール園。20年来の夢叶うってところですね。食べ過ぎました。介護帰りよりは早い電車で帰りました。

写真は、今朝の道頓堀です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く