昨日へ    2010年12月22日   明日へ

終業式です。暴風雨です。でも、暖かい南からの風。終業式を終えて、渡り廊下を歩きながら、3年生に「こんな嵐だと、きっと今夜あたりサンタさんから電話あると思うよ」と話しました。「え?」って言うので「ごめんごめん、サンタですけど、風が強いので今年の分は、来年に延期です。ごめんねー」って電話って話。真顔で心配している3年生のみんな、大好きですよ。ああ、こんなじゃ、僕のところにはサンタは来ないね。サンタの代わりに「サターン」。クリスマスの代わりに「くるしみます」ってな具合です。

通信簿を渡し、宿題を渡し、大掃除して、給食も食べ、片づけて、帰りに歌うたっていたところで、校内放送。風が強いため、教室で待機とのこと。あらまー。お迎えの車が来たり、だんだんみんなが帰っていきました。近所でお迎えは来ないよって子のうちまで、送っていくことにしました。暖かい嵐。傘をささずに、おしゃべりしながら歩きました。閉じた傘を風上に向けたほうが歩きやすいとか、飛ばされたらどうなるかなとか、そんなおしゃべりしながら。ああ、明日から学校にみんながいないとなると、寂しいものです。

職員会議がありました。泊まりの忘年会があるのですが、今夜東京に立つ僕は、不参加です。ちょっぴり休暇を取って、学校を出ました。ひょっとして、電車が動いていないかもしれないと、松山町駅に寄ったら、案の定でした。これは、明日の朝に東京に行くのがよいでしょう。お風呂道具を持ち、三本木に行きました。いつもの「とんかつ信ちゃん」はお休みで、「一の家」に行き、豚カツを食べ、そして三峰荘へ。マッサージがお休みで、残念。その分、がっちりとサウナに入り、垢を落としました。2時間入っていました。明日は、朝早いので、支度して、布団に入ります。明日の歌も、プリントアウトしました。持ち時間は5分ということなので、一人リハーサルをして、録音もしてみました。口上は、こんな感じ。

アイヌモシリは夕張の
北炭夕張炭鉱病院で産湯に浸かり
ちょうどその日にガス爆発で
なんとたくさんの人が亡くなったことか

子ども時代は閉山続き
好きな女の子は転校するばかり
高校二年の10月16日
炭鉱事故は忘るまじ

今は東北、宮城の町。
小学3年担任で、
昨日が二学期終業式。
いやはや青息吐息也。

そんなこんなのあれやこれ
今日はさわりだけにして
興味があればウェブサイト
ある小学校教員の毎日をご覧あれ

歌は、こんな感じ。「だって学校なんだもの」
カポ1 ハープB♭
コードE7 A7 G


あーなーたーが生まれたー
そーのー町にゃー
日本語しゃべる大人がうじゃうじゃー
だからあなたも日本語うーじゃーうじゃー

あーなーたーが育ったー
そーのー町にゃー
差別いじめの大人がどろどろー
だからあなたも差別でどーろーどろー

何がホントで何がウソ
何がホントで何がウソ
大人社会が(ジャン)学校なんだもん


あーなーたーのまわりのー
こーどーもたーちー
あなたちゃらちゃら子どももちゃらちゃら
あなたひらひら子どももひーらひらー

あーなーたーがこさえたー
きれいごとー
裏も表も子どもはけらけらー
そして子どもも真似してけーらけらー

何がホントで何がウソ
何がホントで何がウソ
大人社会が(ジャン)学校なんだもん

四民平等
戦争放棄
早寝早起き朝ごはん

何がホントで何がウソ
何がホントで何がウソ
大人社会が(ジャン)学校なんだもん


あーなーたーが守った
そーのー正義
汗も涙も子どもはじろじろー
それはまことか子どもはじーろじろー

あーなーたーが歌うー
そーのー言葉ー
風に吹かれてそちこちふわふわー
いつかどこかで花の芽ひっそりー

いつかどこかで花の芽ひっそりー

写真は、今日の大掃除の様子です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く