昨日へ    2011年01月17日   明日へ

今朝の夢は、とても長く感じられました。
卒業式が終わったら電話するって彼女言った。だから、待っていた。ハイカラ坂で雪の中、待ってた。六丁目見下ろして、待っていた。けれども、Tは、来なかった。電話何度も確かめたのに。フランスの田舎を行く。ぴよさんはバスと徒歩。僕は自転車。川沿いの道。彼女がトイレを借りてどこかへ。僕は仕方なく、屋敷に入る。人の気配はない。日本語の本がある。自転車持ったまま入る。出窓のある部屋のソファに毛布を掛けて寝ている人と目があった。お互い驚く。日本人だ。しかも、同じ病院で予防接種をいていて、同じ医者から互いの噂を聞いていた。握手した。

学校帰りに、産直屋んに寄りました。あれこれ買いました。もう蕗の薹が出ていたのには、びっくりしました。他県の仲間へ送ったのでした。

写真は、今朝学校へ向かう道での1枚です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く