昨日へ    2011年01月29日   明日へ

今日は昼から仙台に行きます。まず本屋に行きました。「大きな羊のみつけかた 「使える」美術の話」(齋正弘著 仙台文庫2)を手に入れたかったんです。すぐに見つかりました。ここのところ、真面目に美術のことに力・時間を注ごうと思っている僕です。

エルパーク仙台に行きます。別姓を考える会の新春別姓あれこれ語る会があるんです。1991年から別姓を考える会の仕事をしてきていますが、実のところ「相談会」への参加は久しぶり。ここのところの忙しさに他の会員の皆さんに任せっきりでした。今回は、ギターも背負っての参加なのでした。別姓を考える会出発地点とも言える和室で、すぐに相談などを始めました。ギターは出る幕なしですな。通称使用での悩みだったり、事実婚での出産、ペーパー離婚の仕方などなど、多岐に及ぶ話し合いでした。

2時から4時までだったのですが、3時から新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会も重なっていて、途中で抜けるつもりだった僕。けれども、抜けられなくて、教職員評価制度のほうは遅刻しての参加でした。ごめんなさい。教職員評価制度についての宮城県・仙台市への申し入れ行動の予定などを決めて、またそそくさと仙台市市民活動サポートセンターを後にし、エルパーク仙台に戻りました。相談というか、お話を聞くといいなと思うところがあり、5時に戻ると約束したのでした。

話をするって、とても大切な営みです。考えることだけでは、疲れたり、落ち込んだりすることもあるものです。しかしながら、誰でも聞けるか(話してもよさそうに感じられるか)というと、なかなか難しいかったりもしますね。僕でよければ、たんと話を聞きますぜってわけなのでした。話すことでほっとできるなら、薬などよりずっと健康的なことでしょう。というか、人間の暮らしって、こうできているのねと考えるのですなー。

帰り道、珍しく回転寿司を食べて、帰宅したのでした。

写真は、今日の仙台です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く