昨日へ    2011年05月16日   明日へ

毎日よく夢を見るものですね。
学生時代のサークル。小さな宿で会議。僕はOBで、独り密かに隣室。声だけ聞いている。トイレが小さくて、小便があふれる。テーブルの上のキャベツを片付ける。平たいキャベツ。遠い町。

阿武隈急行、全線復旧。ああ、よかったね。ある方から、南相馬の田んぼに水が引かれないことを聞きました。がっかりですね。人間も、カエルも、鳥たちも。人間のもともとの営みも「自然」なんですね。「自然」は簡単にはくたびれない、人間も。そう思っています。

前の前に通った小学校の先生から電話がありました。地域に伝承されている神楽の鳥兜の作り方についての問い合わせ。かつては、6年生の卒業製作でした。卒業した後に入学してくる1年生のために、6年生が作ったんです。それはそれは不器用な子もいますので、大変でしたが、有意義な取り組みだと感じていました。それが、僕が転勤後、途絶えていたのですね。もう10年以上前のこと。ああ、何とかしたいものですね。電話頂いたこと、とても感謝です。力になりたいです。

歌のメモ。

コロが追いかけてきた。
でも、ドアを閉めた。
サヨナラは、言えないよ。
ごめんね、ごめんなさい。

大丈夫でしたか。
まあまあ大丈夫。
大丈夫でしたか。
はい、まあまあ大丈夫。

地球が僕らを振り落とそうとした。
でも、地球にしがみつく。
雪は、大きかったよ。
抱きしめた。抱きしめよう。

大丈夫でしたか。
まあまあ大丈夫。
大丈夫でしたか。
はい、まあまあ大丈夫。

暗い夜でも、朝は来てくれた。
重い冬を、春がほどいた。
やっと会えたよ。
ありがとう。よくがんばった。

大丈夫でしたか。
まあまあ大丈夫。
大丈夫でしたか。
はい、まあまあ大丈夫。

写真は、一昨日の箟岳で会ったしょんぼり猫くん。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く