昨日へ    2011年08月03日   明日へ

今朝、夢を見ました。
知らない街。大きなビル。高い部屋。市民団体。反原発か何かのポスター作りを引き受ける。描いてはコピーを取る。B4までしか取れないコピー機。月が見える。円い鏡に映る。ゲイのメンバーが、ブラジャーの紐を作ってくれと依頼しに来る。金色のテープ。V字型にしてほしい。

さて、今日から10日余りの旅に出ます。パンツを何枚持っていけばいいか考えています。日中どのくらい汗をかくか、洗濯のチャンス(乾かす時間の確保)が、どのくらいできるか...。旅ギターのマーチン・バックパッカーは背負っていくことにしました。人前で弾くこと歌うことを重ねる必要があるんです。カメラは、中古のPENです。交換レンズは元々のオリンパスのもの。望遠レンズはいらないかなーと思いながら、短いものを持つことにしました。PEN限定のM.ZUIKO17mm(34mm換算)、いつもの広角9-18mmm(18-36mm)、たまにしか使わない望遠18-180mm(36-360mm)、レンズ付けるためのアダプタ1つ、予備バッテリー1つ。Macは持たずにiPad。父さん母さん用は箱入りで持ちました。Gメールアドレスなど取得し、すぐ使えるようにしました。アプリケーションもいろいろダウンロード済みです。今日は、岩見沢のKちゃんちに行くので、地元ワインを2本買いました。Kちゃんファミリーは、語らいやすく、飲みやすく、くつろぎやすい、素敵なファミリー。楽しみです。となると、なかなかの荷物ですな。足下は、ビーチサンダルです。

昼前の電車で名取へ。美田園まで空港アクセス線が復旧。そこからは、バス。津波の痕は、あまり変わりません。先月見たお墓のあたりが気になります。空港の施設は、すっかり元通りになっていて、驚きでした。先月は、それはそれは応急的な佇まいでしたから。Kちゃんちの娘さんたち用に、スモーク牛タンを買いました。牛さんは、オーストラリア出身。売店も、復旧です。

お久しぶりのAIR DOの機体で、空へ。ANAは、機内サービスでコンソメスープをなくしてしまいましたが、AIR DOにはあって、嬉しかったです。放射線量計をいつも持ち歩いている僕。青森上空あたりで計ってみました。アラームがピーと鳴って、急いで切りました。1.30マイクロsv。やはり飛行機内は高いのでしょうか。それとも、この辺りの大気に放射線物質が多く漂っていたのでしょうか。

ふと、歌ができたので、急いでメモしました。こんなのです。

かわいそうなんかじゃない。
粘り強くも ない。
忘れたりしない。
決して忘れは しない。

怒りも 悲しみも
独りぼっちに しない。
小さな幸せ みんな
みんなで分け合おう。

太古からずっと 
いつも明日が 来る。
凍えた冬 煮えたぎる夏。

太古からずっと 
いつも明日が 来る。
そして、友だちが来る。

人類 人間 ぼく あなた
人類 人間 ぼく あなた

いつも千歳空港に着陸するとき、右手に夕張岳が見えて、苫小牧市街をかすめて、湿原の上を低く行き、着陸...ってな感じです。けれども、今日は由仁駅を確認しました。どうも東側からの着陸。長沼あたりの丘陵を、長いこと眺められて、幸せでした。伊丹空港や福岡空港が好きな僕。それは、市街地をゆっくり眺められるからです。今日の千歳空港着陸は、似たものがありました。けれども、見えるのは大阪城や屋上にプールのある学校などではなく、牧草地です。でっかいどう、ほっかいどう。

千歳空港に降りたら、KちゃんとYさんが迎えに来ていました。震災以来です。無事を喜びました。連絡が取れなくて、本当に心配だったんだよと、心からの言葉に、感謝でした。ありがとうね、いつも。空港のビルは新しくなりました。Kちゃんちの車も新しくなりました。僕は、古くも新しくもなく、相変わらずの口調でしゃべっていました。ああ、北海道だー!って、千歳から岩見沢までの道、何度も口にした僕でした。

岩見沢のKちゃんちで、くつろぎました。庭でビールを飲みました。アゲハの幼虫がいっぱいいました。蜂も花も風に吹かれていました。初めて訪れたとき小学生だった娘さんは高校生になり、高校生だった娘さんは大学生。あらまー、もうお酒も飲めちゃうんですね。猫のNは、あいかわらずマイペースですな。Kちゃんが焼いたシシカバブをいただきながら、放射線量を気にしない風を気持ちよく感じました。

夕飯をみんなで囲みました。閉校式のビデオを見せてもらいました。かつて来たときの写真を見ながら、猫のNが太ったとか年取ったとか、そんな話も。ギターでセッションしながら、歌い、飲み、語らいました。ソファで家族写真を撮ったことがありましたので、そのときと同じ並び順で、同じように撮りました。いいねぇ、Kちゃんち。いいねぇ、ファミリー。安らぐ夜でした。

写真は、今夜のおじさん二人です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く