昨日へ    2011年08月06日   明日へ

北海道・江別で目を覚ましました。今日は、ヒロシマの日です。毎年ヒロシマの朝を迎えるたびに、去年はどこで何をしていただろうと考えます。2010年は、栃木にいました。田中正造を巡る旅で、谷中村を訪れた8/6でした。東松山の丸木美術館に行き、アトリエから合唱を聴いたのでした。2009年は岩見沢のKちゃんちでした。2008年は気仙沼のリアスアーク美術館。2007年は夕張。2006年はヒロシマ。ああ、5年も行っていないんだなーと思いました。

昨晩は、中学3年になる甥っ子(tiger)が泊まっていきました。今朝、ふと気付きました。父さんとtigerとヒロシマに行けばよかった!と。実は、3日から今日までの3日間を鳥取方面で過ごすことを考えていた僕でした。鳥取と島根には足跡を付けていないんです。暑い夏ですが、砂丘に憧れる思いが大きいんです。7日に神戸に着けるように旅行しようかと思っていたのでした。けれども、北海道にしばらく来ていないので、千歳行の飛行機チケットを取ったのでした。

さて、北海道からヒロシマへのチケットを父さんとtiger分取って、僕も合流すればよかった! 中学3年の夏って、意外と時間を取ろうと思えば取れます。8/6のヒロシマを経験し、野球少年のtigerが高校生になる前に甲子園で高校野球を見る...ああ、なんていいプラン! でも、遅かったね。ま、ドンマイ。

12日に東京である集いに発言する僕。そのレジュメ原稿を明日までに東京のNさんに届けなければならないことを思いだし、A4の紙にペンで書きました。FAXしようと思い、先方に電話をしたら、神戸で会えるとのこと。ほっとしました。

また来るねと、母さんに話し、扉を締めました。布カバンとメロンを松山町に送り、新さっぽろへ。本代がないというtigerに、本代カンパ。かつて僕もおじさんたちから本代いただいたから。いつか君も、こうやって若者にあげるんだよ。新さっぽろの駐車場に車を入れ、父さんとtigerに手を降りました。電車で千歳空港へ。

千歳空港は、とても大きく広くなりました。映画館や温泉まであるんですね。びっくりです。100円ショップもあるんです。僕は、髪の毛を結わえるゴムを買いました。沖縄を直撃した台風の影響と、自衛隊の航空祭のために、飛行機は軒並み1時間遅れ。僕は、どんとの本を読んでいました。そして、神戸行の飛行機の中、「虹を見たかい? 突然、愛する人を亡くしたときに」小嶋さちほ(角川書店)を、読み終えました。みんなに愛されるどんと。みんなを愛するどんと。

初めて神戸空港に向かいます。途中の海がとてもきれいでした。潮の流れが、太陽に輝きます。漁船の後に、三角刀で彫ったような線ができて、なかなか消えません。果たしてあれは本当に海なのか? そんな思いが浮かびます。浜岡原発が見えました。ニュースで見るそのままの姿で、妙にリアルでない印象でした。はっと思い、放射線量を計りました。0.28マイクロsvでした。千歳に向かうときの高さは、異常だったかもしれません。堀に囲まれている白い塔が見えました。どこかなーと考えて、気付きました。姫路城です。改築中なんです。飛行機ってすごいです。

神戸空港は、こじんまりとした小さいものでした。降りた途端、一気に本州の夏でした。北海道で「暑い」と言っていたけれど、やっぱり本州はもっと暑いですなー。運転手のいないモノレールに乗り、三宮へ。途中、あちこちに浴衣姿の人が見えていると思っていたら、あるところにその集団を見つけ、花火大会であることを知りました。すごい人! 三宮の人混みの中、JRに乗って姫路に向かいます。今日は、姫路のゲストハウスに予約を入れていたんです。

姫路に着いて、何となく勘で歩いていきます。姫路は、小学生のとき家族旅行で来たとき以来ですね。しばらく歩くと、お祭りでした。露店が出て、大名行列みたいな様子。子どもたちが書いた絵が灯籠になっていました。お堀のあたりをうろうろし、結局iPhoneの地図で宿を見つけ、たどり着きました。いわゆるバックパッカーハウスって感じの宿です。築100年という古い趣ある家でした。荷物を置いて、カメラ持ってまた街に戻りました。
お祭りを見て、さて何か食べましょう。ふと、おでん屋さんののれん。お品書きも出ていなくて、敷居が高そうです。でも、チャレンジしてみましょう。カウンターだけのお店に、お客はほどほど入っていましたが、僕一人なら大丈夫。女将さんがほどほど厳しく仕切る感じのお店でした。牛すじがおいしかったですが、おでんにワカメがあるのは驚きでした。昆布じゃなくて、ワカメでした。お酒を1合いただき、混んできたので、出ました。お城前の露店に来ると、みんな閉店前。声掛けられ、チヂミと豚キムチを半額で協力しました。紙コップで生ビール、ぷはー。夏ですね。

宿に帰り、シャワーを浴びました。1階では英語混じりの酒盛り。混ざろうかとも思いましたが、明日からもいろいろあります。今日は眠ることにしましょう。扇風機を回し、窓を開けます。網戸はあるものの、蚊は入ってきます。汗をふきながらの夜。暗闇の蚊の音にイライラしながら、でも放射能よりはよいのだと、そんなことを思って眠るのでした。

写真は、今夜の姫路での1枚です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く