昨日へ    2011年08月11日   明日へ

久しぶりに早朝に目が覚めました。今朝も大阪です。トイレに行き、外を見ました。まだ薄暗かったのですが、あいりん労働公共職業安定所の回りにはたくさんワゴンが止まり、人のざわめきが聞こえました。ふと、学生時代に山谷闘争の中で聞いた「あぶれ」とか「たちんぼ」とか、そんな言葉が引き出しから出てきました。21世紀、人が人として暮らすための保護するものが、どんどん剥ぎ取られまたは溶けていき、労働力を買いたたかれる日々がフツウになっているかもしれません。大変なことです。

朝、チェックアウト。JRで大阪へ。大阪駅は、改装中。巨大な要塞のような様相でした。新大阪へ。お土産を買いました。今日は、連れ合いぴよさんのお父さんお母さんの家に行くのです。僕が好きな生八橋を買っていきましょう。小さい箱のものを、いろんな八橋屋さんの食べ比べをするつもりで買いました。新幹線に乗り、東京へ。うとうとしたり、本を読んだり、「児玉奈央と青柳拓次」さんの曲聞いたり。

東京に着いて、ホームに降りて驚きました。灼熱! 東京の暑さは、熱さと書きたいくらいです。全方位から、人工物をかいした熱が、私をタンドリーチキンにします。京浜東北線で上野へ。上野から常磐線と私鉄で、とても久しぶりな町に降り立ちました。ぴよさんが暑い中迎えに来てくれていました。

そして、お久しぶりですとご挨拶。初めて会うでかい犬は、僕に驚いた様子でした。なるほど触ってあげるといいのね。しばらくお話してから、お隣におじゃまして、お話しました。ぴよさんの従姉妹のSちゃんちの娘さんの写真を見せてもらいました。あらまー、かわいいね。赤ちゃんの写真見ると、いつも足を見ます。赤ちゃんの足って、手みたいに表情があるんです。

ぴよさんのお父さんの絵を見せてもらいました。素晴らしかったです。描き込むことで魂が宿るって感じですね。模写も素晴らしい! つい鑑賞教室。評論し過ぎないように...。絵を写真に撮りました。色合いや、オイルの反射など気を使い、何とか撮ることができました。庭の花なども撮りました。

夜になり、Wさんファミリーみんなそろい、にぎやかな食事。かつて小学生だった甥っ子も父親になったりして、いやはや時間が経つのは速いものです。ギターも出して、にぎやかな宴会は、深夜まで続くのでした。

写真は、今日のお父さんのアトリエでする

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く