昨日へ    2011年08月21日   明日へ

大阪・釜ヶ崎のいつもの宿で目を覚ましました。今日は、昼から「全国学校労働者交流集会」に参加します。少し時間があります。出かけましょう。とりあえず難波に行きました。ぶらりと歩いて、一番安いうどん屋さんで、うどんを食べます。旅先うどんって、ここのところ定番になりつつあります。

地下鉄に乗り、公会堂近くで降りました。お堀を眺めながら、しばらく歩きました。そして、国立国際美術館森山大道展をやっていたのでした。予想通り、私のやってることに似てるっていうか、私が似てる? カメラも似てるしね。リコーのサブにオリンパスを使っていたとは知りませんでした。寺山修司ワールドの写真は、少し意外でした。やっぱりカラーよりもモノクロですね。カラーになると、別な人もやっているって気持ちになります。横須賀の追いかけるような写真、モノクロとカラーとあり、驚きました。あらためて、僕は人の写真、動物の写真、そして建物の写真が好きなんだと気付きました。

美術館を出て、京阪電鉄で「エルおおさか」に向かいましょう。渡辺橋駅、何となく小奇麗で、好きじゃない感じ。森山大道観たばかりかな。降りた駅で見つけた店で長崎ちゃんぽん食べました。熱くておいしかった! 熱いものを熱々言って食べるの、好きです。辛いのも好きだから、痛がり好きなのかもしれません、いやはや。

「全国学校労働者交流集会」では、知り合いがたくさんいました。けれども、知らない人もたくさんいて、なかなかの出会いでした。全体会の後、分科会では教職員評価制度に関わる分科会。全国各地、システムはいろいろ。けれども、悩み・課題・問題点は、だいたい同じ。みんなで取り組むことの大切さを再確認でした。

みんなで泊まるホテルは、とてもとてもデラックスでびっくりでした。ここのところ山谷や釜が崎で、1800〜3000円の部屋で泊まってばかりの僕。夏休み初めの宮城県での教職員組合の教研のときは、4人部屋でしたが、今回は広々の一人部屋。まるで、人間ドックのときみたい...って段階で、僕のホテル基準が見えちゃうかもしれませんねぇ。いやはや、もったいないって感じ。

夕食は、ホテルの円卓での会食。中国・北陸・関東・神戸の皆さんとテーブルを囲みました。前回神戸で会ったばかりの方も多く、いつものようにあれこれと和みましたなー。感謝です。組合ごとに小さなステージでスピーチでしたが、僕たちは「一般参加」ということで。ああ、いろんな出会い。旅!

会食後は、二次会。大阪の仲間と久しぶりに語らいました。これまで教育裁判のことばかりしか話すことがなかった人と、小学校での国語の授業の進め方とかいろいろ話せて、とても幸せでした。ああ、やっぱり現場ですよね! 労働運動するために労働運動しているわけじゃなくて、いい感じに学校教育進められるよう、闘っているんですよね。そんなこと、再認識でした。感謝です。

そして、深夜まで三次会。部屋飲みです。初対面の組合活動の大先輩と飲みました。ああ、皆さん逞しくもヒューマンな人生! かっこいいなぁ! 優しいなぁ! 僕もまた僕なりに、一歩一歩あゆんでいきましょう。

三次会は、時計が「明日」になるところでおしまい。僕は、部屋に戻ったものの、お酒と水と交互に飲んでいたためか、そう酔っぱらってはおらず、ぷらりと独り外に出たのでした。夜風に吹かれ、気持ちよい。ちょいと散歩して、コンビニ覗いて、カップ麺ちゃん買って、部屋で深夜の炭水化物を摂取したのでした。ああ、豊かな夜だ。

写真は、今日の国立国際美術館です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く