昨日へ    2011年08月29日   明日へ

遠距離家族。誰のせい!? って、憤る日々。民主党党首選挙報道見ながら、庶民の暮らし、その現実は、彼らの中にあるか。見えているかと、問いたい気持ちです。国なんかじゃなくて、人だよ。ましてや、党なんかじゃないっちゃね!

宮澤賢治さんなら、今をどう生きるだろうね。ま、宮澤賢治さん変わらず。かもしれんね〜。

人しれず子どもが死んでいく日々も、本日子どもが何人死にましたと報道される日々も、私は迎えたくないので、一時期でいいのです、避難という選択肢を、夏休み以降も来年も、ポケット、すぐ出せるところに置きたいです。

写真は、今日の学校帰りの田んぼ脇です。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く