昨日へ    2011年10月31日   明日へ

「2011年代の大人たちは散々放射能をまき散らし、
そのままにして、
ごめんねーって死んでいったのだ」と、
無責任世代と括られたくないので、
小さいことからでも取り組んでいくのです。
今生きている人がみんな死んだ後も、放射能との闘いは続けさせられるのですから。

今日の歌のメモ。
右往左往、
あちこちうろうろでも、
根っこある
ぶれず動じず
たんたんと暮らしていく。

写真は、22日の仙台で撮ったものです。

昨日へ      明日へ

はじめのページを新しく開く